WP-DBManagerをいれてみた

Wordpress logo
ここのところブログが表示できなくなることがたびたび起きました。
原因はおそらくMySQLのオーバーヘッドだと思うのですが、
定期的に最適化をするのは面倒です。
そこでWP-Managerを導入してみました。
“WP-DBManagerをいれてみた” の続きを読む

WordPressの記事を保護すると表示されない

Wordpress logo
WordPressの記事を保護すると表示できない不具合が!
いままでこんな機能を使ったことがなかったため気づきませんでした。
パスワードを入力しても表示されないのです。

ググってみたところ以下のプラグインが原因ということが分かりました。
「Content with show/hide javascript for “more”」
“WordPressの記事を保護すると表示されない” の続きを読む

WordPress error query.phpを対処してみた

いつから出ていたのかわかりませんが、apacheからエラーが多発していて困っていました。
エラー内容は以下の通りで、10分おきぐらいに出ているのです。

[error] [client 66.249.69.74] PHP Warning: reset() expects parameter 1 to be array, null given in /xxx/blog/wp-includes/query.php on line 2934

問題となっているらしいquery.phpの2934行を見てみると
wordpressのcategory処理が問題のようです。
エラー行は2931など違う時もありました。
対処方法がないのかとググってみると似たような現象の対処方法があり、
hotfixを適応してみましたが改善ありませんでした。
“WordPress error query.phpを対処してみた” の続きを読む

FancyBox for WordPressを試してみた

七味じゃなくてコショーだった
FancyBox for WordPressを試してみました。
Lightbox系の画像表示プラグインです。
Lightboxは設定などが手動でいじらないといけなかったのですが
fancyboxは詳細な設定UIがあって結構自由にいじれます。
バックグラウンドの配色、画像を開くアニメーションの設定
CSS用にクラスの設定などほんとに多彩です。

ちょっと気になったのは標準設定では開いているページのすべてを
ギャラリーにしてしまうと言う点です。
そのためトップページがすべての記事の画像をギャラリーにしてしまいます。
すると記事とは関係のない画像がうっかり表示されて混乱を招く恐れがあります。
なんとか記事ごとに自動的にギャラリー化してくれないものか
ちょっと設定をみていましたがちょっとわかりませんでした。
“FancyBox for WordPressを試してみた” の続きを読む

jQuery lazy load pluginを試してみた

jQuery lazy load pluginはブログの画像の読み込みを遅延させるプログラムです。
画面をスクロールして現れた画像をそのとき読み込むのです。
画像が多いブログに導入すると表示が軽くなるという話です。
どちらかというと見た目がかっこいいという理由で使いたいのですけどね。
以前、導入してみようと試していたのですが使用していませんでした。
それは、Lightbox2が動かなくなるためでした。
今回は、もう一度いろいろ試してみようと思ったのです。
“jQuery lazy load pluginを試してみた” の続きを読む

モバイルに対応してみた

QRコード

SEO対策というか、モバイル端末からもアクセス出来るようにしてみました。
使用したプラグインはこちら

Ktai Style
ガラケー用です。
各キャリアごと確認できないのでおそらく見えてるんだろうなと思います。
テーマはのちほど修正していこうと思います。

WPtouch
スマートフォン用です。
設定が英語でわかりにくいので日本語化しました。

User-Agentで自動的にページが切り替えられますのでとても便利です。

WordPress3.0

Worppress3.0にアップデートしてみました。
SQLとWordpressのデータのバックアップをして
FTPでアップデートをクリックして1,2分で完了です。
すごい、あっというまです。

ついでにテーマも変更してみました。
いままで使っていたテーマはかなり古いもので
手動でいろいろ苦労していましたが、
今回は標準でウィジェット対応でサクッと設定が出来ました。
いやあ、楽ちんですね。

でも、Googleのアフィは手動じゃないとダメなのかな・・・
プラグインを探してみようかと思います。
と思ったらウィジェットのテキストを使えばいいんですね。

Subversionを使ってみた

WordPressには自動アップデート機能があるので
Subversion(バージョン管理ソフト)は必要がないが
しょっちゅうコードが変わったりするプログラムを使う場合には
とても便利なものだと実感しました。
ということで、ちょっと使い方をメモとして残します。

なお、サーバはFedora9です。
1. SubVersionのインストール
# yum install subversion

2. リポジトリにアクセス
# cd /home/repo/ //同期用フォルダへ移動
# svn co http://svn.sourceforge.jp/svnroot/YOURPORJECT /home/repo/
※リポジトリはSourceforge.jpにある場合です。

3. データの更新
# svn update
※ ”’an unversioned directory of the same name already exists”’とエラーが出る場合
# svn update --force (ハイフンは2個)

これで終了。

Sourceforge.jpのリポジトリURLが間違ってて苦労しました。
それと--forceも分からなかったなー
ローカルデータにリビジョン情報がない場合でるのかも。