vSphere ESXi をVCBで取ったバックアップからProxmoxへ移行した

スポンサーリンク

ちょっと前にですがvSphere 6.5からProxmox 8.1.4へ移行しました。移行方法についてメモしておきたいと思います。

スポンサーリンク

移行方法について

ちょっと調べるとESXiサーバからProxmoxサーバへovftoolを使ってovfを作成してインポートするのが主流のようです。コマンドで表すとこうなります。

ESXiサーバからProxmoxサーバにovfファイルを作成
コマンドはProxmoxから実行します。IPアドレスはESXiで、wp01はゲストOS名になります。
忘れそうになるのが最後の . (ドット)です。これは保存先になります。

# /root/ovftool/ovftool vi://root@192.168.0.100/wp01 .

ovfファイルからProxmoxへインポート
101はID番号で100から振り分けられます。local-lvmは保存先。

# qm importovf 101 wp01/wp01.ovf local-lvm --format qcow2

インポート後は、ProxmoxのUIからハードウェア設定を変更するだけです。

スポンサーリンク

移行環境について

移行環境は、同じサーバを使うので移行中はESXiサーバは停止しているため、さきほど説明した方法で移行が出来ません。そこで考えたのがESXiではVCBでバックアップを取っているので、そのバックアップディスクをProxmoxサーバにマウントしてovftoolを使いovfファイルを取得することにしました。

スポンサーリンク

VMFSをマウント

ということで、ProxmoxサーバにVMFSでフォーマットされたディスクを追加した状態から説明します。通常、VMFSのファイルを見ることは出来ないのでvmfs-toolsを使います。これは読取り専用となりますがVMFSのファイルが参照できます。

VMFSのディスク名を確認

# fdisk -l

vmfs-toolsをインストール

# apt install vmfs-tools

vmfs-toolsを使いマウント

# vmfs-fuse /dev/sda3 /mnt/vmfs
スポンサーリンク

ovfファイルの作成

まずは以下のURLからovftoolsをダウンロードしSCPなどでProxmoxサーバへコピーします。

Open Virtualization Format (OVF) Tool

zipを解凍するためunzipをインストール

# apt install unzip
# unzip -ovftool-4.6.2-22220919-lin.x86_64.zip

ovftoolsでovfファイルの作成
直接ファイルをovfへ変換する場合はシンプルなコマンドで実行出来ます。





スポンサーリンク

ovfファイルからProxmoxへインポート

qmコマンドでProxmoxへインポートします。IDは100から始まりまして被らないようにします。

# cd /usr/local/src/ovf/wp01
# qm importovf 101 wp01.ovf local-lvm --format qcow2

インポートが終わったらProxmox のUIからハードウェアを変更して終わりです。

NIC設定 : VMware vmxnet3
DISK設定 : ハードウェア > SCSI > “VMware PVSCSI”
Options > OS type : , 6.x – 2.6 Kernel

修正が終わったらゲストOSを起動し、ネットワーク名の修正をします。

ネットワーク名を確認
# ip a

仮にens192 から ens18 へ変更する場合を説明します。nmtuiでネットワーク名を修正。nmcliで変更しようとしたのですが、よくわからなかったのでUIに頼ってしまいました。

ネットワークを再起動しておわり
# nmcli con down ens18;nmcli con up ens18

これで移行完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました