カテゴリー
水冷

EK TIM Indigo XSを使ってみた

EK EK-Supremacy EVO Elite Edition - Intel 115x
CPU水冷ブロックの「EK-Supremacy EVO Elite Edition - Intel 115x」の箱を開いたらなんだかよくわからないものが入っていました。

カテゴリー
ハードウェア 水冷

Radeon RX480 vs HD7970

Radeon RX480
Radeon RX480とRadeon HD7970を簡単に比較してみました。

なんだかHD7970を買ったときは価格変動があってがっかりして、今回はRadeon Pro WXシリーズの発表が行われてがっかりしてますが、価格もTDPも高いんだろうなぁと自分に言い聞かせています。

カテゴリー
ハードウェア 水冷

Radeon RX480とEK-FC RX-480

HD7970とRX480
HIS Radeon RX480 8GBを導入してみました。
Radeon HD7970から交換です。箱の大きさはあまり変わらないようです。

カテゴリー
ハードウェア 水冷

HD7970とHD5870を比較してみた

HD7970の水冷
Radeon HD7970の水冷化が終わったことですし
HD7970とHD5870の比較をしてみようと思います。

比較するのは以下の3つ
・ベンチマーク HD7970 vs HD5870
・消費電力 HD7970 vs HD5870
・温度 HD7970 ファン vs 水冷

カテゴリー
水冷

EK-FC5870 - Acetal+Nickel

EK-FC5870 - Acetal+Nickel
Radeon HD5870用水冷ブロック、「EK-FC5870 - Acetal+Nickel」を取り付けました。
耐性の強いジュラコンと腐食性に強いニッケルの組み合わせです。

カテゴリー
水冷

EK-Multioption reservoir 100

EK-Multioption reservoir 100
久しぶりに水冷パーツを買ってみました。
リザーバの「EK-Multioption reservoir 100」です。
いままではKoolanceのリザーバを使っていたんですが
接合部分がもろいのか液漏れしているようで
リザーバ周りが結晶化していてヤバかったのです。
「EK-Multioption reservoir」は接合部分がしっかりネジ締め出来て
ジュラコンとアクリルのみ使っているので電食の心配もありません。

カテゴリー
ハードウェア 水冷

Silver Stone TJ-07組上げ その2

Silver Stone TJ-07
半年以上前にPCケースのレビューを中途半端にしたままだったので
続きを書いてみました。

カテゴリー
水冷

Koolance VID-487X2をPOM化

ずいぶん前にKoolance VID-487X2が壊れたまま放置していましたが、修理してみました。

VID-487X2を分解
まず分解してみます。

フィッティング周りのアクリル板が割れている
フィッティング周りが割れています。
前にシール剤をつけて締め直したのですがキツく締めすぎたせいでしょう。
緩すぎると水漏れ、キツすぎても駄目。 アクリル板にはうんざりしたのです。

ジュラコンを用意した
そこでさまざまな強度や耐性が高いジュラコン(POM)板に
交換することにしました。アクリル板を同じ厚さ2mmのものです。
EKの水枕のように厚さ8mmにしてKoolance以外のフィッティングを使えるように
できたらおもしろいかと思いましたがフィッティング部にタップを切らないと
いけないのでコスト面を考えてやめました。

カテゴリー
ハードウェア 水冷

Silver Stone TJ-07組上げ その1

Silver Stone TJ-07が到着してかなり経っていますがまだ組めてません。
あまりにも時間がかかっているので途中経過を書いてみます。

道具そろえた
ケース内に水冷一式組み込むためにいろいろそろえてました。
今回はポンプをケースに固定するためにステーとM6x8、M3x8ネジを用意しました。

ステーを曲げた
ポンプに取り付けるためにステーを曲げます。

ポンプにステー取り付け
ステーを取り付けてみました。
ちょうどケースにΦ3の穴が2つあるので、そこに固定しようという考えです。

ケースにネジ止め
結局、穴があわないためステーは一つだけ取り付けて固定しました。

上から写した
上から写したところです。ケーブルがごちゃごちゃしてよく分かりませんね。
とりあえず、ここまでで組み立ては止まっています。

実は前回VID-487X2を直したと思っていたのですが
やはりフィッティングが空回りしてしまい、確認したらアクリルが割れていました。
これはどうしようもないのでKoolanceに修理かアクリルだけ売ってくれないか確認しています。
さすがにVID-478X2をもう一個買うのは厳しいです。

カテゴリー
ハードウェア 水冷

CPU-340 vs NexXxoS XP Silver

Koolance CPU-340とAlphacool NexXxoS XP Silverの
温度比較してみました。
測定PCスペックと環境はこちら

気温: 18℃
CPU: Phenom 9850 Black Edition
ラジエータ: Black Ice GT Stealth 360
ラジエータファン: XINRUILIAN 1200rpm x3
ポンプ: Koolance PMP-450
アプリ:AMD OverDirve、CPUID HW Monitor

純粋に温度測定したいのでCPUだけ水冷にしています。
ロード時は「AMD OverDirve」 - Stability testの最高温度にしました。
ラジエータファンはギリギリ動くほどに絞った450rpmと
通常の1200rpmの二つで測定しました。

ラジエータファン 450rpm
  Idle Load
CPU-340 25℃ 36℃
NexXxoS 36.5℃ 43℃
ラジエータファン 1200rpm
  Idle Load
CPU-340 23℃ 33℃
NexXxoS 25℃ 34℃

驚いたのはラジエータファンを絞ってもCPU-340は
あまり温度差がないということです。
ラジエータの容量?が飽和状態に近いのでしょう。
それに反して、NexXxoSはファン回転数に比例して
温度が上がってます。こんなにも違うものかと思いました。