WordPress 2.8自動アップデートしてみた

WordPress2.8が公開されていたので
思わず自動アップデートしてみました。

・・・無事にアップデートされたようですが
ダッシュボードへ移動するとフォーラムに目が止まりました。

2.8への自動アップグレードを行う際の注意事項
先日リリースしました WordPress 2.8 への自動アップグレードの際に、サーバー上のファイルが削除される現象が報告されています。報告によると、この問題が発生した場合にはサーバー上の WordPress 以外のファイルも削除されるとのことです。

マジカヨ!
今回、バックアップしてなかったよ!

追記:
logwatchで確認したところ余計なものは消されてませんでした。
ちなみにOSはFedora10です。
どういった環境だと起きちゃうんでしょうね。

WordPress2.7RC1にアップデート

WordPress2.7が12/10に公開されるそうです。
そのまえに2.7RC1にアップデートしておくと
自動アップデートで2.7正式版にしてくれるそうなので
アップデートしてみました。

ブログそのものはまったく変わりませんが管理画面が
がらっと変わったのでびっくりしました。
ガジェット風になったので自由に項目の配置を換えられます。
これはいい変更ですね。

やっぱり一番いいのはアップデートの簡単さです。
念のためバックアップを取ってから上書きして
管理画面にアクセスするだけですからね。
正式版になるとどこが修正されるんだろうなぁ

大変なことが

今年は豊作だそうです。
そこでおかんがインターネットで米を売ろうとか言い始めました。
オレ「や、そんなん簡単にできないって」
おかん「ホームページに売ります!って書けばいいべ」
オレ「ここは個人ブログだし物は売れないよ」
といいつつ、別HPを簡単に作ってそこで売れないかと
Apacheをいじってました。

どうもうまくいきません。
現行のアドレスもVirtual Hostの設定をしても
もう一つが動いてくれません。

仕方がないので、とりあえずエイリアスの設定だけして
おこうと思いテストで作成したフォルダを削除しました。

# rm -rf /exsample/html

あれー、なんか遅いな・・・
!!
AHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHH!!!!!!!!!
ホームページのフォルダごと消しちゃいました。

すでに時は遅し、すべて消えてました。
ちょっとググってみましたが、rm で消した場合難しいようです。
仕方がないので3ヶ月前のバックアップデータで復旧させました。
WordPressのテキストデータはDBなんでなんとか問題ありませんでした。
やっぱ定期バックアップしておかないとだめだなぁあ

WordPress高速化 (APC)

WordPressではPHPの実行コードをキャッシュして高速化させるAPCに対応しています。
そこでAPCを使い、このブログの高速化を目指すわけです。

ということで、設定メモを残しておきます。
# yum install php-devel
# pecl install APC

php.ini に下記を追記。
extension=apc.so

そしてApacheを再起動

実に簡単です。

なんとなく表示が速くなったような・・・

WordPress2.6へアップデート

WordPress2.51から2.6へアップデートしました。
プラグインの管理画面がちょっと変わったぐらいでとくに変化は感じません。

それとタグを使ってみることにしました。
試しにFlashを使ってタグ表示するものがあったんですが、ただでさえ表示が遅いのにさらに遅くなったのでボツにして普通に表示させました。まだタグが少ないのでちょっと寂しいところです。

さらに以前からブログ表示に4秒ぐらいかかっているので改善作業をしてみました。いままではサーバ側などバックエンドをしていましたが、効果的なのはフロントエンド(HTML,CSS,JS)の最適化ということを知り、mod_expiresを使って画像ファイルやCSSをキャッシュするようにしてみました。さらに、gzip転送設定、js圧縮などやってみました。効果の出来はどうでしょうか。ほかにも調整をやってみようと思います。

WordPress 2.5.1 RSS問題

WordPress 2.2.3から2.5.1にアップデートしてからRSSが正常に取得できなくなって困っていました。一度、再構築しなおしたのですが構築途中からwp-rss2.phpなどから記事を取得できなくなりました。取得しているのはヘッダだけなのです。おそらく2.5.1に対応していないプラグインとかが関係しているのかなとか思うのですが、切り分けができていない状態だったのです。

そんなことを2chに書き込んでたらhttp://****/feed にすればいいじゃない、というレスを見て試してみたところ、最新のRSSが表示されました! もう、これでいいや

WordPress 2.5.1アップデート

日本語版WordPressMEのサポートが終わってしまったので
ME2.2.3から正式版2.5.1へアップデートしました。
念のためプラグインを解除してWordpressからデータをエクスポート、
SQLからもエクスポートしデータもダウンロードしバックアップしました。

その後、wp-config-sample.phpを編集、リネームしてから
普通に2.5.1のデータをアップデートした後upgrade.phpにアクセスしたら
あっというまに終わってしまいました。

すごい簡単です。
設定等もすべて引き継いでるしすごいなぁ
で、何が変わったんだろう・・・

MovableTypeからWordPressに移行

そろそろMovableType4が出ますが
どうも再構築がすごい時間がかかることや
書き込みが遅いことなどいろいろ不満点がありました。

そこで、いまや主流のWordPressに移行しました。
導入は恐ろしいほど簡単でした。5分で導入できるというのは本当です。
すでにSQLを導入していた場合の話ですけどね。

一番苦労したのが以前のブログからのリダイレクトです。
MTと同じパーマリンクが使える方法などありましたが
今回は昔のURLに戻すためリダイレクトが必須だったのです。
自分にあったリダイレクトリストの作成方法は見つけられなかったので
仕方がないので手動でちまちまと書き込んでいったのですが
うまくリダイレクトしてくれません。

数時間悩んだ結果、リダイレクトリストは
階層の深い順に書いていかないとダメだと言うことが分かりました。
それとURLにIDを使った”#”が含まれたものも使ってたのもあります。
これはブラウザ側で反応するやつなので正常に動かないは当然でした。

ようやく導入が終わりちょっといじってみたのですが
実に快適です! 再構築はなく書き込みは比較的早いです。
これは移行してよかった。
まだテンプレートなどに満足いっていないので
いろいろいじってみようと思います。