Windows 10 Build 10586へアップデート


PC Watch

PC Watch 10インストール用イメージもBuild 10586に差し替わる

Windows 10 Build 10586へアップデートされました。
このバージョンからWindows7/8/8.1のプロダクトキーでもアクティベーションが出来るようになったそうです。

これによって、Windows 10へアップデートしたあと、なんらかの理由で再インストールする必要が出た場合に直接、Windows 10をインストールできちゃいます。

Windows 10へアップデート後にプロダクトキーを調べるツールでメモる必要がなくなったのですね。

これって1年間無料アップデートだった気がしますが、1年経つとアクティベーション出来なくなるのでしょうか。よく分からない感じです。

なにげにThinkpad X61のWindows UpdateでBuild 10586が配布されたのですが、アップデート中にストップしてOSの復元されてしまい。2回繰り返したら、Windows Updateから出てこなくなっちゃいました。

アップデートしたら、Edgeや設定画面でトラックポイントでスクロール出来るようになるかなと期待したのですが試せなくなっちゃいました。

もう少ししたら再配布されるのかなぁ。

2015/11/18 追記:
Microsoftの公式からインストーラをダウンロードしてもう一度アップデートを試してみたのですが、やっぱり失敗しました。

0xC1900101-0x2000C
APPLY_IMAGE 捜査中にエラーが発生したため、インストールは SAFE_OS フェーズで失敗しました。

こんなメッセージが出てました。
カスタムBIOS使ってるからなのか、Thinkpad X61がダメなのかどうなんだろう?

2015/11/27 追記:
一時中断されていたWindows 10初の大型アップデートがようやく再配布開始 - GIGAZINE
前回のBuild 10586は、やっぱりおかしかったようで再配布されてました。再配布されたヤツだと無事にアップデートできました。
アップデート後はBuild 10586.14になってます。

ジャマだと思ってたタスクバーの検索がCortanaになってました。
X61はマイクがないのでただの検索バーですね。

それにしても、トラックポイントでスクロールが動かないのは直ってないんですね。いろいろ試行錯誤してみましたがダメでした。
Windows 10 からアクティブじゃないウィンドウも操作出来るようになったのが影響あるのかなぁ。


コメントを残す