iPazzPort KP-810-10Aを手に入れた

Pocket

KP-810-10A
テレビでパソコン操作するのにケーブルがあると面倒なので
超小型 無線キーボードを購入してみました。
タッチパネルもあるのでマウス操作もできます。

本体とUSBケーブル
中身は本体とUSBケーブルとマニュアルだけでした。
本体はしっかりとした作りで高級感まで感じます。
ボタンもカチカチと押し後耐えがいいです。

側面になにかある
本体をひっくり返すと側面に何かあります。

引き出すと長いのが出てきた
引き出すと長い物が出てきました。

Bluetoothドングル
USBドングルです。これをPCに接続することで使用できます。
ちょっと長すぎる気がする・・・
おそらくBluetoothだと思いますが
説明書には2.4GHzとしか記載されていません。

キー配列
キー配列をまじまじと見てみましょう。
この前機種のKP-810ではファンクションキーがF8までしかありませんでした。
KP-810-10AからはF12まであるので不便しなくてよさそうです。
Enterキーは大きくなっており押しやすいです。
しかもFnキーと組み合わせることでCtrl+ALT+Delを送信できます。
タッチパネルはまさかのマルチタッチ対応でした。
二本指で画面をスクロール、拡大縮小が行えました。
でも、スペースが狭くてやりにくい・・・

バックライトも装備
暗いところでも操作できるようにバックライトも装備!
レーザーポインタも付いているのでプレゼンにはもってこいです。

リモコンのように操作
Fn+ESCよりタッチパネルの動きを90度回転します。
それによりテレビのリモコンのように操作ができちゃいます。
気になるのは肝心のファンクションキーが反応しないのと
タッチパネルの反応があまり良くないということです。
なにか設定があるのかなあ

それをいってもかなり使えるキーボードです。
これは面白い物を手に入れたなあ

追記:2011/12/01
ファンクションキーが効かないため、キーコードを調べてみました。
すると、ファンクションキーはFn+一番上の段ではなく
Fn+1でF1と数字の段だったのです! わかんねえよ!
ほかにもキー配列がおかしいことがわかりました。

~ => ESC
Caps => 左Ctrl
左 | => 無効(0xff)
左Ctrl => Wake
右Ctrl => 右Alt

解析したキー配列
画像にしてみると、このような感じです。
驚くのが、~とCapsがありません。
でも、Alt+~と押したら日本語Onに出来たんだがなあ
Wakeって、PCの電源のことでしょうか。
そうだったらWake on LANより便利ですね。

ああ、そうそう
この機種KP-810-10AはBluetoothかと思っていたら2.4G RFという無線でした。
Bluetooth対応のKP-810-10BTTという物もあるようですが
国内では販売していないようです。海外通販でも見当たらないな・・・

追記:2011/12/04
キーバインドがおかしいといいましたが、レジストリでキーバインドを
いじっていたせいでキーボードチェックでもそのまま出力していたのでした!
つまり、キーバインドはなにもおかしくなかったのです!!
いやあ、そんなこともあるよねー

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。