Phenom II X6 1090Tと955BE比較


II X6 1090TとPhenom II X4 955BEの比較をしてみました。
とりあえず、3DMark Vantage 1.0.2をExtremeで走らせてみました。
過去記事から見るとPerformanceでやればよかったなと思ってたり・・・

3DMark VantageをExtremeで測定(Phenom II X6 1090T)
Phenom II X6 1090T

3DMark VantageをExtremeで測定(Phenom II X4 955BE)
Phenom II X4 955BE

すごい飛躍的にスコアが伸びています。
エンコード時間の短縮も期待できそうです。

955BEと1090Tのエンコード比較
エンコード速度の比較をしてみました。

使用アプリはAviUtl 0.99i6
フィルタは透過性ロゴ
入力ソースは1920×1080 MJPEG 83,731kb/s PCM 48kHz 1,536kb/s 24min
出力は1440×810 H.264 1,500kb/s AAC-HE 96kb/s

いつも個人的に使っている設定のままです。

透過性ロゴはマルチスレッドに対応しているか不明ですが
透過性ロゴを使わないときでもエンコード時間は対して変わりませんでした。
もしかして対応している?
といってもCPU使用率は40~50%でした。

ちなみに透過性ロゴをマルチスレッド化にするものもありますが
6コアはないので使っていません。

結果は早くはなりましたが、もう少し早くなるのを期待してました。
CPU使用率が低いのが気になるんですよね・・・

955BEと1090Tの消費電力比較
次は消費電力比較です。どちらもCool’n’Quietは有効のままです。
そのためアイドル時のクロックは800MHzになっています。
どちらもTDP 125Wというだけに差はあまりありませんでした。
負荷はPrime95で行っています。

955BEと1090Tの温度比較
最後に温度比較です。室温を一定に出来ないので測定に苦労しました。

といっても水冷で冷却しているため、室温は参考程度だと思います。
温度差は歴然でPhenom II X6 1090Tが圧倒的に温度が低いようです。
アイドル中は室温以下になるということも起きて、どう結果を書こうか悩むほどです。

室温とCPU温度
証拠写真も撮ってみました。
夏場でも問題なく使えそうで安心です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。