カテゴリー
ハードウェア

Matrix Orbital MX630


Pocket

一年ほど前からMatrix Orbital MX330(以下ファンコン)を使っています。
これはPCのシステム情報表示やファン回転数のコントロールしたり
温度測定、その情報を元にPCの電源を切ったりといろいろ操作もできます。
そんな遊べるPCパーツですが、最近になってファンが
正常に回らなかったり、液晶が表示されなかったりしていて
非常に調子が悪くなっていました。

Matrix Orbital MX330

MX330の液晶表示

そこで思い切ってもう一個、同メーカーのファンコンを買ってきたのです。
買ったのはMX630です。このファンコンはシステムは同じなのですが
液晶とパネル、LEDの色が違うのです。
MX330では液晶がVFDだったのですが、MX630では液晶が高分子LEDというもの
に変わっています。何が違うかと思ったのですが非常にすばらしい表示です。
VFDでは発色はすばらしいのですがバックがドットが見えてちょっとかっこ悪いのです。
高分子LEDでは発色は少し黄色がかった緑になっています。
キモはバックが真っ暗になっていて全体的にくっきりみえるのです。

高分子LEDの表示

おや、LEDが表示されてない行がある・・・
初期不良かな。交換するの面倒だな。

それはともかくMX330とMX630の基板のリビジョンが
違っていたので比べてみました。
Rev.1.5から1.6にVerUpしたようです。
上がMX330で下がMX630になります。

上がMX330、下がMX630

すると・・・また異変に気づいた。

チップが焦げてる

MX330の一部が焦げているのです。なんかとショートしたのかも。
MX630の基板を付ければ普通に使えるようになるかな?
いや、せっかく新しいの買ったんだし初期不良と言うことで交換してもらおう。
とりあえず、無事に動作するようになったので安心です。
これでPCが安定するといいなぁ。

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。