Phenom II X4 955レビュー その1

Phenom II X4 955

AM3のPhenom II X4 955が登場しました。
Phenom 9850からずっとがまんして使っていたのですが
ようやく乗り換えることができそうです。

で、手に入れたのでさっそく
Phenom 9850との比較をしようといろいろ測定してました。

使用したPCはこちらです

M/B MSI K9A2 Platinum BIOS v1.7
Memory DDR2-800 2GB * 4
GPU AMD Radeon HD4870X2
HDD Seagate ST373455SS(SAS 73GB)

9850から955へ交換したら、なんとアイドル消費電力が50Wも下がったのです!
こいつはすげぇぜ! と喜び3DMark Vantegeを走らせたらなんと1/5のスコアに!

・・・

Cool’n’Quietは無効にしているのに
なぜかクロックが800MHzになっていて変動しません。
手動で3.2GHzにしたらPrime95が完走しません。

初期不良品つかまされた!?

しばらく調べてみるとK9A2 Platinumでは正常に動かないそうです。
たしかにCPU対応表にも載ってないですしね。
BIOS更新待ちか・・・

デススマイルズ手に入れた

デススマイルズ

待ちに待ったデススマイルズの発売日です。
簡単に買えるものだと思っていたら大間違いでした。
どこに行っても売り切れでどこにもありません。
思いつく限りのゲーム屋の最後の一店でラスト一本残っていたのです!
ついでにフルボイスの特典もついてきました。

やってみた感想ですが、アーケード版と360版のグラフィックの違いに驚かされました!
360版は背景以外すべて作り直してるという気合いの入り方!
なにげにゲーセンでやってるときは画面の荒さを気にしたことないんですが
テレビで確認するとすごい違和感がします。

次にXFPS 3.0 Sniper Plusから自作PS2ジョイスティックの動作検証ですが
微妙に遅延を感じますが操作にはさほど気になりませんでした。
どちらかというと自作だからなのか右が効かないなど接触不良が気になりました。
ちょっと配線整理しないといけないな・・・

一つ知らなかったのはメガブラックレーベルはDLCでの後日販売だったことです。
とりあえず、ノーマルでやりこむかぁ

パスワードクラック

数週間前、Windows系のパスワードクラックが出来る方法が分かり
いろいろ検証して喜んでいたのですが

つい先日、うちのサーバがパスワードクラックを受けて
rootのパスワードを変更されてしまいました。

いやぁ、やる方は面白いですが、やられる方は最悪の気分になりますね。
ちょっと調べた感じでは足跡もしっかり消されてるし何されたか分かりません。
ということで、近日サーバを入れなおしますので数日アクセスできなくなるかと思います。

トラップ

すべてが終わってから書き込もうと思ってたんですがバレてしまったので

事の発端は会社に粉コーヒーを持って行ってキッチンの前に置いていたのです。
すると、すごい勢いで減っていくのです。私以外にも誰かが使っているのでしょう。
そこでいいことを思いつきました。

自宅では家族も含めてほとんどコーヒーを飲まないのです。
なので、もらい物のコーヒーが大量にあって困っていたわけです。
この機会に古いのをさっさと処分してしまおうと思ったのです。

ちょっと探してみると賞味期限が2年過ぎてるのが2ビン
現在、家族で飲んでるヤツが賞味期限が7年過ぎてました。

とりあえず、2年落ちのヤツを持って行ったら順調に減っていきます!
誰が飲んでるの分かりませんが、とてもよいことです。
ちなみに私もちゃんと飲んでいます。賞味期限が切れていようがおいしいです。

で、昨日ようやく1ビンがカラになったので新しいのを持ってこようと思って
うっかり周りにそのことを話してしまったのです。
すると、勝手に飲んでる犯人が分かっちゃったじゃないですか!
犯人Mさんもその事実を知ってしまったわけですけどね・・・

とりあえず、明日は7年落ちのコーヒーを持って行きます。

DSP-AX3900ファームアップデート 1.07

DSP-AX3900のファームを1.04から1.07へアップデートしてみました。
更新内容は以下の通り

・ USB再生およびPC再生時のアルバムアート表示機能の追加
・ HDMI接続やiPod使用時の動作安定化など

いままで次のように接続していたのですが、
Wii>(D端子)>DSP-AX3900>(HDMI)>TH-42PZ80A
Wiiの待ち受け画面にノイズがあってかなりひどかったのです。
DSP-AX3900で1080pとかにアプコン設定すればノイズは消えてましたが
微妙に枠が入るのでちょっと不満だったのです。

今回のファームアップデートでHDMI接続の動作安定という項目に
期待を込めてアップデートしたところノイズが消えました!
これはすばらしい!

失敗だったのは写真を撮ってなかったことです。
比較できたらなお良かったのにねぇ

IDEとAHCI比較(Win7)

Thinkpad X61でVertex 120GBのベンチスコアがいまいちなのは
SATAドライバが原因ではないかと思い測定してみました。

その前に初期のVertexはAHCIでは認識できなかったため
IDEでWindows7をインストールしたわけですが
ファームウェア1275ではAHCIでも使えるようになってました。
1199のときは試してなかったのでわかりません。

ですが、すでにIDEでインストールしてしまってるので、ちょっと儀式が必要でした。

HLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\msahci
Start の値を3 > 0 に変更して電源を切る
BIOSでAHCIに変更して起動
AHCIドライバインストール後、再起動

無事にAHCIへ移行できました。
そのあとIntel AHCIドライバをインストールして完了です。

IDEモード
IDEのまま

AHCIモード Win7標準ドライバ6.1.7000.0
AHCI Ver.6.1.7000.0(Windows 7 標準ドライバ)

AHCIモード Intelドライバ 8.8.0.1009
AHCI Ver.8.8.0.1009(Intel ドライバ)

IDEからAHCIでは微妙にライトがアップしてますが
ドライバではあまり差が出ませんでした。
というか4kがダウンしてます。
もう、劣化かよ・・・

Trim対応のファームが出たみたいですが
Windows7ベータじゃTrim対応していないので意味ないよなー

追記: 2009年6月23日
Thinkpad X61がSATAII接続でないのでは
というコメントを見ていろいろ調べてみました。

デバイスマネージャを確認してみましてみると
IDE ATA/ATAPI コントローラには次の三つがありましたが
どれをみても、SATAIIで動作しているかどうかは確認できませんでした。

・ ATA Channel 0
・ Intel(R) ICH8M Ultra ATA Storage Controllers - 2850
・ Intel(R) ICH8M-E/M SATA AHCI Controller

次に思いついたのはHD TuneのInfoです。
HD Tune Info
Supported: UDMA Mode 6 (Ultra ATA/133)
Active: UDMA Mode 7 (Ultra ATA/512)

UDMA Mode 7がアクティブみたいですが、この規格の詳細が不明です。
Ultra ATA/512となっているので512MB/sということでしょうか。
SATAIIは375MB/sですのでHD Tuneがおかしいのかもしれません。

X61のサウスブリッジ ICH8MはSATA 3.0Gbps対応していますが
LenovoのフォーラムによるとX61はSATAIIドライブは使えるが
1.5Gbpsの速度しか出ないそうです。つまりSATA接続なのでしょうか?
修正してくれとの書き込みも見られました。

なにやらCentrino2からようやく3.0Gbps対応するそうで
X200sはすでに対応しているとのことです。

なるほど・・・ゴクリ

ソース:その1その2

フラッシュゲーム - Travian -

Travianのプレイ画面

しばらく前にDesktop Tower Defenseにハマってやばかったのですが
また中毒性が高いFlashゲームに片足をつっこんでしまいました。

このゲームはアクション性の低いAoEみたいな感じです。
村を発展させ施設や軍隊を育成していくゲームです。
はじめの6日間は保護期間があって、のんびりチュートリアルをやりながら
遊び方がわかるようになっています。これはとてもいいシステムです。

このゲームで特徴的なのが行動を起こすのに、かなりの時間を要することです。
建築物を建てるのに実時間30分かかったり、資源を増やすのも数時間単位で待たされます。

保護期間が終わると容赦なく侵略、略奪され始めます。
そこで資源を奪われないよう隠し倉庫を拡大したり、軍隊を育成したりしていきます。
資源を効率的に使っていかないと略奪されるので、まめに見ないといけません。
もう、仕事中とか気になって仕方がありません!

ほかのプレイヤと同盟を組むことで侵略を防ぐことも出来るようですが
始めたばかりなのでくわしいことはわかりません。
一番驚いたのは1ゲームに実時間10ヶ月もかかるそうです。
こいつはヤバいぜ・・・

jp4サーバが4/3にスタートしたばかりなので
先行者もあまりいないので始めるならいまのうちですよ!

ブラウザゲーム トラビアン

Vertex 120GB ファームアップデート 1275

Vertex 120GBのファームウェアを1199から1275へアップデートしました。
変更内容はRAIDのパフォーマンス修正らしいのでスルーしていましたが
1199では高負荷時に壊れるとかの書き込みを見て、急いでアップデートしました。
左が1199で右が1275です。

シーケンシャルリード
シーケンシャルリード

Windows 7が10GB程度使用していたためか
ちょうどその周辺がものすごい速度低下しています。
でも、ファームアップデートで見事復活!
微妙にパフォーマンスも向上しているようです。

シーケンシャルライト
シーケンシャルライト

ファームアップデートをしたら変なグラフになっています。
70%あたりから急激に書き込み速度が向上しています。
逆に言うと70%あたりまで一度書き込みをしたため劣化してしまったのでしょうか。

ランダムリード
ランダムリード

ランダムライト
ランダムライト

ランダムについてはすべてにおいてパフォーマンスが上がっています。
個人的に驚いたのは、ファームウェアのアップデート結果より
この数週間の使用で予想以上に速度低下が起きていたことの方が大きいです。

参考記事:Vertex ファームウェアアップデート 1199

左1199、右1275

これは、Windows 7 Beta上で測定したものです。
先ほどと同じく左が1199、右が1275です。
誤差程度で、速度低下は改善されません。

某スレで10%程度、未定義領域を作ると速度低下を防げると
書き込みをみて試したものですが、あまり変わりませんでした。

SSDというよりThinkpad X61のSATAコントローラが
原因ではないかと思ったり・・・