IMAバッテリが直った


IMAランプが消えた
先日、初代インサイトのIMAランプがついてしまったのですが
ようやくホンダへ行ってきました。
IMAランプがついた日に、ちょうどホンダから
IMAバッテリラベル点検のお知らせが来ていたのです。

作業内容はIMAバッテリにラベルを2枚貼るだけだそうです。
こんなのでわざわざ、お知らせが来るのか。
なんかリコールでも起きたのかと思ってしまいました。

車をお昼に預けて、仕事帰りに取りに行くと
ラベル貼りは問題なく終わったのですが
IMAランプに気づいていなかったようで待たされました。
IMAバッテリ点検なのに気づかないってどういうことだ。
ラベルしか見てないのでしょうか。

IMAランプが付いたのは以前の点検履歴からすると
バッテリECUが原因の可能性がありますとのこと
バッテリそのものが劣化すると同様のことがあるとも
言っていたので結局直らなかったのかと思ったら
ECUをリセットしたそうです。
かってにバッテリECUを交換したのは黙ってましたw

乗ってみると、おお!
IMAランプが消えてバッテリがいっぱいだ!
アクセル踏むとしっかりアシストしてくれる!
これ直ったんじゃね!?

恐らくなのですが、バッテリECUの交換をしたあと
ECUのリセットやら調整をしていないので
正常な動作が出来ずIMAランプが付いてしまったのかもしれません。
やっぱり個人で作業するのも限界があるかもしれません。

追記:2012/12/06
IMAランプは消えたもののやっぱりバッテリは駄目なようです。
急に残量がゼロ近くになったと思うとすぐにチャージが終わったりします。
これは以前と同じ状況です。バッテリそのものがへたっているのでしょう。


カテゴリー

“IMAバッテリが直った” への2件の返信

  1. ハイブリット車は懲りたなと思っていたのだが
    普通の乗用車でもコンピュータ制御が普通になっているので
    個人でメンテするのは難しいのかもしれないことに気づいてしまった

コメントを残す