ツライチeSATA&SATA速度比較


AREA ツライチ eSATA&SATA
SATA-USB変換ケーブルをよく使っていたのですが
ACアダプタが壊れてしまい新しく買おうと店に行きました。

店頭でSATAケーブルなどを眺めていたときです。
所詮はUSB2.0、eSATAの転送速度には勝てません。
そこでACアダプタだけ使い、接続はeSATAでやろうと思ったわけです。
ついでにノートもeSATA接続出来るようにこのカードを手に入れました。
AREA ツライチ eSATA&SATAです。

はみ出ずSATAコネクタ2個増設できます
PCカードからまったくはみ出ることなくSATAが2つ増設できます。
Windows7ではVIA VT6421 RAID Controllerとして自動認識しました。

さっそくHD Tune Proで速度比較です。
左:SATA-USB変換ケーブル
右:ツライチ eSATA&SATA
使用HDD:WestarnDigital WD10EADS 1TB

シーケンシャルリード
シーケンシャルリード

シーケンシャルライト
シーケンシャルライト

ランダムリード
ランダムリード

ランダムライト
ランダムライト

さすが、eSATA圧倒的な速さです!!!
あれ・・・なんだこの書き込み速度!!!
USBより遅いじゃないですか!
しかも、CPU負荷もかなり高いです!

実は言うと付属のSATAケーブルの品質が悪いのか
なかなか認識してくれない状態だったのです。
ようやく認識したかと思い測定を始めると
また見失いブルースクリーン!

どうも、こういうパーツはニッチなせいか
品質がひどいものが多い気がします。
地元に戻ったらまともなケーブルでもう一度測定してみたいです。

参考記事:WD10EADSを買ってきた


“ツライチeSATA&SATA速度比較” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。