Vertex 120GB ファーム1916(FW1.5)


さっそくVertex 120GBをFW1.5にアップデートしてみました。
IndilinxのバージョンではFW1916になります。

CrystalDiskMark
さっそくベンチマークを測ってみました。
左がFW1.4、右がFW1.5です。
これからみると変化はないようです。

ちなみに劣化したFW1.4はWiperで回復させてます。
今回、Wiperを実行したとき、ものすごい遅かったんですが
WiperをHDDのルートに置いたら2~3分で終わりました。

JSMonitor FW1.4
FW1.4です。

JSMonitor FW1.5
FW1.5にアップデート直後です。
SSDの寿命があと一年って・・・
というか、この数時間で2700GBも書き込んだのか。
ベンチマークとかやればやるほど寿命縮むのかも・・・

シーケンシャルリード
アップデートしても変化はありませんが
以前はMAX215MB/sぐらいあったのに遅くなってます。

シーケンシャルライト
それにくらべて書き込みは安定した上、速くなってます。

ランダムリード

ランダムライト

ランダムに関しては書き込みが遅くなってます。

今回はベンチマークよりVertexの劣化ぐあいに驚きました。
でも、今回はFWアップデートなど通常と違う使い方をしているので
JSMonitorがこんな数値を出したのでしょう。
しばらく経ってからもう一度確認したいと思います。


コメントを残す