隠し剣 鬼の爪


映画館で見たいと思っていたけど見れなかった映画です。
監督は寅さんや釣りバカ日誌を作った山田洋次なのです。

舞台は幕末の東北、なんとなく冴えない武士と女中(松たか子)の恋愛物語です。
登場人物はみんななまっていてなんだか親近感が湧いて来ます。
主人公は実に不器用なところがやきもきしますが、
そこがまたいい味を出していると思います。

話の中ごろになるといきなり雰囲気が変わり、実は主人公は
かなりの剣の達人ということで決闘の命令がくだされるのです。

隠し剣 鬼の爪とはなんなのか!?

期待通り、非常に面白かったです!
隠し剣 鬼の爪の意外な事実!
結末もなんともすばらしい終り方です。
さすが名監督です!

評価:★★★★★


“隠し剣 鬼の爪” への2件の返信

  1. ピンバック: kulog

コメントを残す