NintendoDS 海外版


NintendoDS 海外版

このまえGBmを買ったわりにあまり遊んでませんでした。
それなのに! NintendoDS(以下NDS)を買ってしまいました。
しかも海外版です。

箱裏側

シリアルナンバーが見える

国内版とはパッケージが違い一目見て
ゲーム機だとわかる物になっています。
裏にはシリアルナンバーが見えます。
向こうの子供はロットを確認して買うのでしょうか!?

中身もろもろ

中には本体、電源アダプタ、予備ペン、
マニュアル、ストラップが入ってました。
残念なことにClubNintendoのシリアルナンバーがありませんでした。
このサービスは国内だけなんですね。

開いたところ

このエレクトリックブルーのNDSは海外版だけです。
結構渋めの青でかっこいいです。ちなみに裏側は黒です。

使う言語を選んでください

6カ国語対応のようだ

電源を入れると使用する言語の選択画面が出てきました。
英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、日本語と
6カ国語も対応していました。アジア方面は日本語だけのようです。
次にユーザー設定をしたあと、いよいよゲームを起動してみます。

脳トレ起動ゥゥ!!

問題なく国内ソフトが起動しました!
通常より高い買い物をしたのに海外ソフトしか
動かなかったからへこんでいたところでした。

さっそく、やってみましょう。

色彩識別テストという物がありました。
画面に「あか」と表示されたら
文字の色を素早く答えるものです。
上の場合でしたら「あお!」と答えるのが正解です。
言葉を認識することができるんですね!
ただのマイクだったファミコンとは大違いです。

・・・・・

田舎もんをバカにしてるな!?

いくら言っても反応してくれません。
しかもこんなこと言ってくるなんて・・・
田舎もんをバカにしてるなッ!?
orz

脳年齢が45歳・・・

なんとか脳年齢の測定結果が出ました。

45歳!!

もともとヒドい結果が出るんだろうと思っていたのですが
実際こんな表示されると悲しくなりますね。
これも日々繰り返せば実年齢に近づくんでしょう!
脳トレってタッチペンしか使わないし
文字もでかいし、是非とも認知症予防に親に勧めたいです!


“NintendoDS 海外版” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。