SONY HMZ-T1が気になる


HMZ-T1
ソニーから発売されるヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1が気になる。
本日、銀座などで体験会があってそのレビューとか読んでると気になって仕方ない。
いろいろ調べてるとほかの家電も気になってきた!

HMZ-T1のレビューを見てみると音が良くないそうなのです。
そこで音を別から出力するためAVアンプを挟む方法が考えられます。
するとBDやゲームを楽しむには以下の接続になります。

PS3>AVアンプ(DSP-AX3900)>HMZ-T1

ところがDSP-AX3900は3D信号をスルーすることが出来ません。
となるとAVアンプの買い換えを考えちゃいました。
ついでにいま使っているプラズマテレビ(TH-42PZ80)が買ってから
3年も経っていることに気づきました。いまのプラズマテレビ安いのです。
TH-42PZ80はメニューが恐ろしく遅いのでイライラしていました。
いまだとかなりスムーズなのでしょうか。
そんなことを考えてニヤニヤしてました。

HMZ-T1の話に戻りますが、眼鏡がなくても焦点を合わせられるのかなと
思っていたらそれは出来ない代わり、眼鏡を付けたまま装着できるそうです。
6万円という低価格からするとそれは仕方がないのかもしれません。
すでに予約が殺到していて発売日には手に入れることは困難な感じです。
地方の電気屋だとどうなんだろうな・・・


“SONY HMZ-T1が気になる” への3件の返信

  1. プラズマとアンプとHMZ-T1まとめてIYH!!!ですね。さすがだな(=´_σ`)
    つーか体験会7時間とは。当然並んでたんでしょ?w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。