米をひこう


米ひき機
米がなくなったので米をひいてくれとおかんに頼まれました。

「どれひけばいいの?」
「んー、ああこの中米食べちゃおう」

と小屋の片隅にあった30kgの米袋を指さしました。
さっそく米ひき機へ持って行こうと米袋をたがくと
足が引っかかった。

「おっとっと」

足に粘着式のねずみ取り(ペッタンコ)を踏んでしまったようで
転びそうになったのです。

「こんなの引っかかんねえから捨てちゃえよ!」

ペッタンコはサンダルにくっついて残りは
ゴザにべったりくっついてひっくり返ってます。
両手がふさがっているので、おかんがサンダルに付いた
ペッタンコをはがしてくれました。

「あら、綺麗にはがれたなぁうわぁあああーっ!」

叫び声と同時にペッタンコを放り投げました。
ペッタンコにはでかいネズミがくっついていたのです。

ビクビクッ

うわ、キモ! ネズミはまだ生きています。
騒ぎ声でおとんが駆けつけてくると
トングでペッタンコごとどこかへ持って行きました。
ネズミの運命はいかに!

気を取り直して米ひきをしました。
米ひきの合間の読書は進むねえ


コメントを残す