VR Cover for Meta Quest 3 で汗対策をしてみた

スポンサーリンク

Meta Quest 3のフェイスカバーはいままでのスポンジから布に変わり肌触りがよくなったと思っていたのですが、汗をかくと乾きにくいし汚れが目立ちそうなのにフェイスカバーだけ外せないので、取り外しが簡単そうな Cover for Meta Quest 3を購入してみました。

スポンサーリンク

開封

開封するとお洒落な感じにVR Coverが2つ入っていました。小さい封書は取付けマニュアルです。

正面です。こちらが顔に当たるところになります。

裏面です。3つのゴムが目立ちます。

スポンサーリンク

取付け手順

カバーを取り付けるにはフェイスカバーを引っ張って外します。

カバーは真ん中から取り付けます。

カバーをめくると内側に小さいフックがついています。

ゴムをくるりと巻いて先ほどのフックに引っ掛けます。

先のところにもゴムがあるのでフェイスカバーに引っ掛けます。

ちょっと分かりにくいですが、簡単に引っ掛けられます。

もう片方も取り付けて完成です。肌触りがよさそう。

本体に取り付けるとこのようになります。

スポンサーリンク

装着感について

どんな肌触りだろうとワクワクしながら被ろうとしたら、あれ、うまく顔が入らない。カバーがジャマでメガネが入りにくくなったのです。なんとか先にメガネを挿入してから被ったらなんとかなりましたが、Meta Quest 3のよいところはメガネをしていてもするりとかぶれるところだったのに!

肌感触はいいですが、メガネのつるの圧迫感が強くなりました。うーん、次は専用レンズが欲しくなってしまいました。VRsatileを持っていますが、装着感がそんなによくないんですよね。公式のZenniのレンズだと7,499円と比較的安価ですし、買ってしまおうか…

コメント

タイトルとURLをコピーしました