Vertex FW 1.6にしてみた

Pocket

FW1.5で劣化したまま
いまさらですが、 120GBのファームウェア(以下FW)を
1.6にアップデートしてみました。

その前にFW1.5で約10ヶ月使ったSSDの劣化具合を見てみましょう。
シーケンシャルライトが著しく遅くなっています。
はじめの12GBぐらいが劣化していないのはなぜでしょう?

Windows7のインストール時に「システムで予約済み」として100MB
のパーティションを作られていたためかと思いましたがサイズが合わない。
OSがシステムファイルとしてつかんでいたファイルだったから?
うーん、わからないです。

FW1.5でWiper実行後
次にWiperを実行し、diskpartでデータを削除しました。
いやあ、Wiperの威力はすごいですね。

Wiperの不満点は対象SSDがシステムの場合、実行できないことです。
SSDを別PCに接続してWiperを実行しています。
もしかしてDOS上でもWiperって実行できるのかな?
あとで試してみるか・・・

FW1.6へアップデート
FW1.6へアップデートしてみました。
・・・1.5とほとんど変化ない?
ランダムライトの4KBが速くなったぐらいでしょうか。

次はCrystalDiskMark3.0で測定です。

FW1.5で劣化したまま
劣化したVertex 120GB FW1.5

FW1.5でWiper実行後
Wiper実行後のVertex 120GB FW1.5

FW1.6へアップデート
FWアップデート後のVertex 120GB FW1.6

・・・CrystalDiskMarkだと変化がわかりませんね。
FW1.5までのベンチ結果は4K QD32を測定していなかったので
NCQが効いているのがわかっていいですね。
でも、ライトでは効いていないんだなあ。

なんだかんだで、Windows 7のTRIMだけでは
劣化は止められないことがわかってよかったです。
たまにWiper実行しないといけないですね。

Pocket

コメントを残す