Duke Nukem Foreverをクリアした

Pocket

Duke Nukem Forever
Duke Nukem Foreverをクリアしたのでレビューしてみたいと思います。
Duke Nukemシリーズは実は初めてのプレイです。
お馬鹿で下品でエロいFPSということは聞いていたので
なんとなく雰囲気はつかんでました。

スタート画面
発売日から届くまで時間がかかり、その間に
海外レビューではクソゲーのレッテルが付けられてました。
さんざんな言われようで、ある意味期待しちゃいました。

実際にプレイしてみると意外に面白い。
ギミックとか見せ方が古典的で懐かしさを感じられます。
Half-LifeやDoomを思い出してしまいました。
最近のFPSってリアル志向が人気ですが昔のままなのです。

基本は一本道なのですがルートとか教えてくれません。
一応キーアイテムが光ったりはするけど、ちょっと不親切。
これどうやって進むんだとちょっと考えながら進むのが懐かしいです。

そして、巨大なボス戦もこんなの倒せねーと思っても
うまい倒し方が隠されてたり、結局ごり押しだったりと
これまた懐かしいw

車を運転するシーンでジャンプが何度かあるのですが
ギリギリ飛び越えられる距離でそれがまたゾクゾクして楽しい!
ドリフトを使って走るのも気持ちがいいです。

いろいろ楽しいと書いていますが、とてつもない不満点があるのです。

ローディング画面
それがローディング時間です。
ステージごとにローディングが入るのですがやたら多い気がする。
待たされる時間は30秒強もあるのです! いまどきのゲームじゃありえねえ!
しかも、HDDにインストールしての時間なのです!

後半になると、やたら死ぬのでそのたび30秒のローディング
なんかこれもまた昔のFPSを思い出しました。
当時のPCはいまほどパワーがないのでローディングが遅かった。
片手に漫画本とか用意してローディング時間に読んだりしてました。

まさかいまになって同じことをやることになるとは!
攻めての救いは、ほぼ死んだ直後から始められることです。
ステージの最初とかに戻されたらクリア出来なかっただろうなあ。
それにしても歯を食いしばるほどイライラしたのは久しぶりです・・・

Pocket

“Duke Nukem Foreverをクリアした” への4件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。