会津の桜刺し


今日は僕の誕生日です。祝ってやってください。

夕食は豪華に桜刺し(馬刺し)を食いました。
都内の飲み屋で馬刺しを頼むと、なぜか霜降りの馬肉がくるのです。
こんなのは馬刺しではない! と声を大にして言いたいので会津の桜刺しをうpしてみました。

馬刺し

うーん、血の滴るような真っ赤な肉です。写真でマジマジとみるとなんだか不気味に見えるのが不思議です。これをニンニクや唐辛子を練ったミソを醤油に溶かして食べるのです。クセのない味と、口の中でとろけるような柔らかで、至福この上ありません。刺身と言ったら馬刺しと呼べるほどです!

と、食い物について語ってもなぜか信用されないんですよねぇ。


“会津の桜刺し” への6件の返信

  1. うちの方とつけるものが違う!もっぱらうちの近所では馬刺しは生姜醤油です。うん、おいしいよねぇ。実は鹿さんもっとおいしいよ。もっとやわらかいの。動物愛護団体に訴えられそうだ。友達のおとうちゃんが猟師なのでたまにくれるんですv

    最近会津へ行く機会逃しちゃったよ、すごいくやしかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。