氷玉峠へヒルクライム


逆光でよく見えない
ロードバイクで氷玉峠へ行ってきました。
携帯電話のカメラなので写りがひどいです。

ロードバイクで初めてのヒルクライムです。
内心、ロードバイクは楽に坂が登れるんだろうなと思っていました。
するとどうでしょう。
きつい坂だなあとシフトダウンしていくと
あれ? これが最低? すげえペダルが重い。

ロードバイクは最高速度を出すのがメインで
MTBのような低速ギアはないんですね。
当然といえばそうなんですが
こんなギアで登るのかと思うと気が重くなってきました。

MTBでは低速ギアをケイデンスを高めに登っていましたが
ロードの低速ギアではそんなに回せません。
どんだけ貧脚なんだ・・・

引き足や上半身を使ったりして
使う筋肉を分散させてペダルを回し続けました。
なるほど、上半身を使うにはドロップハンドルがとてもいいです。
心拍数が160bpm以上にならないように登っていきました。
このあたりまでが私にとってトレーニングに適しているそうです。

頂上で記念撮影
なんだかんだで登り切りました。

時間:57分43秒
距離:13.88km
平均速度:14.4km/h
平均心拍数:151bpm
平均ケイデンス:62rpm
最高速度:42.7km/h
最大心拍数:171bpm
最高ケイデンス:102rpm

タイムはMTBより遅いですが
初ロードバイクではまあまあなのかなと思ったり。
心拍数も上がりすぎずよかったようです。
疲労感もMTBよりないかも。

で、この写真を撮った直後
プシュー
前輪がパンクしました。

パンクした
看板の支柱に立てかけてただけなのに
いきなりのパンク

思い切り穴が開いてた
チューブをみてみるとリム側が破れてました。
リムを指でなぞってもなにも異物はありません。
なんなんだ!?

携帯ポンプ
でもまあ、そんなときのために携帯ポンプと
チューブを携帯していたのです。

バルブ長が足りない!
するとどうでしょう!
ピントが合ってないので分かりにくいですが
バルブ長が足りなくて空気が入れられません!
マジカヨ・・・
こんな山ん中でどうやって帰ろうか・・・

イージーパッチがあった!
なにかないかとバックを探っていたら
イージーパッチがありました!
チューブを買ったときにおまけで付いてきたものです。
なんという幸運!

修理完了
ゴムのりもいらずペタリと貼れる簡単さ。
これいいね!

無事に氷玉峠を下山することが出来ました。
その直後、またパンク!
路面が荒れていたのに気づくのが遅く乗り上げたのです。
周りはたんぼしかないところです。

仕方がないので3km先のホームセンターまで押していきました。
そこでパンク修理セットを買ってチューブを見てみると
先ほど貼ったイージーパッチが白くなって履がれているようでした。
やっぱ簡易的なヤツなんだなあと思い
今度はゴムのりのパッチを貼って帰宅しました。

今回のおかげでタイヤ修理はバッチリになりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。