GARMIN EDGE 500が届いた


GARMIN EDGE 500
GARMIN EDGE 500が届いた。

実は先日、ロードをポチってしまったのですが
ロード用のためにCC-TR300TWのセンサーを追加しようと
価格を調べたところ、けっこう高いことがわかり
せっかくだから新しいのを買ってしまおうということになったのです。

EDGE 500の中身
EDGE 500本体の中身は、充電器と取付キットが2セット。
取付キットが2つあるのは親切ですね。
EDGE 500はGPS機能があるのでセンサーがなくても
速度は測定できるのです。電波の届くところに限りますけどね。

CC-TR300TWとEDGE 500
いままで使っていたCC-TR300TWとEDGE 500です。
CC-RD100からCC-TR300TW、EDGE 500とどんどんでかくなってます。
機能も充実してますけどね!

センサー比較
CC-TR300TWとEDGE 500のセンサーを比較してみます。
ひとつでスピードとケイデンスを測定できるのは同じです。
違うのは可動するセンサーの測定するモノが逆なのです。

CC-TR300TWのセンサ
CC-TR300TWのスピードとケイデンスどちらのセンサーも可動しますが
棒状になっているセンサーはケイデンスを測定します。
この棒状のが服に引っかかってイライラしてたんです。

EDGE 500のセンサー
EDGE 500の棒状のセンサーはホイール側になるので
なにかに引っかかる要素が少ないかと思います。
気になったのは電池のフタが内側になるため
交換が少し面倒かなと思いました。

EDGE 500を取り付けてみた
EDGE 500を取り付けてみました。
けっこう大きく感じます。

液晶も見やすいのでいいかもしれません。
EDGE 500は一度に1~8項目まで表示することが出来て
項目も自由に設定できちゃうのです。
どう表示するかかなり悩みます。

本気モード
長距離走るための本気モードです。
タイム、速度、ケイデンス、距離、心拍数の5つです。

通勤モード
こちらは通勤用です。
速度、タイム、時計、ケイデンスです。

このような設定を3ページまで登録でき
自動スクロールすることも出来ます。

ほかにもPCにデータを送って、走った道を表示したり
逆にルートラボからルートを登録してナビしてもらうことも出来るそうです。

すげぇ面白いもの手に入れちゃったなあ


“GARMIN EDGE 500が届いた” への2件の返信

  1. もしかして、持ってたGPSってGARMINだったんですか!?
    ちょっとググってみたらフリーみたいですね!
    これで走ったところと同期できちゃうのかな!?
    やべえ、ワクワクしてきた!

コメントを残す