エンクロージャーDBP-3B5Hを導入した



エンクロージャー DBP-3B5Hを導入してみた。
5インチベイを3つ使って3.5インチHDDを5つ収納できるヤツです。
HDDの入れ替えが手間だったので簡単に交換できるようにしたかったのです。
ですが、すべてのHDDを静音ケースに入れて使うほど静音PC好きなので
音と利便性をどちらを取るのかが悩みどころで導入に躊躇していました。
とりあえず使ってみないと分からないだろうということで買ったわけです。


HDDは縦に設置するようになります。
Hot swap対応なのでPC起動中でもHDDの入れ替えが可能です。


やっぱり音が気になる私には標準ファンを使う気になれません。
後ろには80mmファン(3600~2800rpm)があって試しに動かしたら
やはり耐えれる音ではないです。裏蓋を開けたらファンの接続口が
かなり特殊で小さいもので加工が必要そうでした。


これが標準についていた80mmファンです。厚さが20mmと一般的に
売っているファンではありません。標準は25mmで薄型は15mmで売っています。


とりあえず余っていたXinの80mmファンを使うことにしました。
2500rpmと静音ファンではないですがそんなに気になる音ではなかったです。
厚さは25mmですが干渉せず取り付けられました。
固定はM3x25タッピングネジを使用しています。


問題のコネクタですが金具だけ使用することにしました。
真ん中は熱収縮チューブを使って絶縁しています。
動かないようにタイラップで固定して完了です。


早速電源をいれると・・・Raptorが想像以上にうるさいです!
ギュィーン・・・ガリガリゴリゴリ・・・
最初から静音ケースに入れて使っていたので知りませんでした。
静音ケース内でも書き込む音が聞こえるなぁとは思っていました。

さすがに耐えれなかったのでRaptorだけは静音ケースに入れました。
それでもなぜか、ウンウンウン・・・とうなり音が聞こえます。
エンクロージャーからそんなうなりは聞こえないのに
電源近くまで耳を傾けると音が大きく聞こえます。
はじめ別のファンかなといろいろ止めたりしましたが違います。
しばらく四苦八苦してエンクロージャーを動かすと
うなると言うことが分かりました。

音とは不思議です。PCを持ち上げたらうなり音が消えました。
つまりエンクロージャーの振動がPCケース底まで延びて音を出していた?
底を手で押さえても治まらなかったので共振ではないです。
よく分かりませんがカーペット直にPCを置くのを止めて
雑誌をおいたら静かになりました。これでようやく落ち着きました。

これでHDDの水冷も辞めたことになります。
温度はアイドルで気温+13~17度で水冷HDDから+5度程度でした。
多少、熱くなりますが、まぁ・・・大丈夫でしょう・・・・
あとはPCケースも前蓋がついたヤツに買い換えれば完璧かも!


コメントを残す