会津田島祇園祭へいってみた


祇園祭へ向かう
会津田島祇園祭へいってきました。

舞台が大迫力
なかなか行く機会がなくて今回が初めてです。
昼間は屋台などで飲み食いをしながら射的をやったり楽しんだあと、夜の部へ行くと大屋台に子どもたちを乗せて走る屋台運行が見られます。

これがまた迫力があってマイクで「おーんさん! やりかけろー!」のかけ声のあとに、大屋台に乗った子ども達も「おーんさん! やりかけろ!」と叫びます。すると大屋台を押してる大人達が全力で押し引いていきます。そして、急停止。本来は子どもしか乗れないのですが、子どもがいることをいいことにこっそり乗せてもらいました。大迫力で楽しかったのです。

びっくりしたのが、マイクで声出してる女性が小学生だったということです。生きのいい声で、粋なねえちゃんが声出してるのかと思っていたからです。小学生だと知ってしまうと、ああそうかなぁと思ってしまったり。

歌舞伎がみれる
大屋台から子ども達が降りると歌舞伎を見ることが出来ます。一幕が終わるとまた子どもたちを乗せて走り出します。

なんだか分からないけどすごい一体感を感じる祭でした。田島の人達は祭に生きてると言う気がしてしまいます。また来年も行ってみたいなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。