DualShock2基板乗っ取り その3

基板一覧

前回、失敗したDualShock2の基板乗っ取りですが
ボタンがすべてアナログなので難易度が高かったと思い
今回はDualShockの中古を買ってきました。
なので”その3”というのもおかしな話です。

配線してみた

幸運なことにスルーホールだったので非常に配線しやすかったです。
結局GNDは12本接続しないといけないので別基板に配線し直しています。
それとアナログスティックはただ単にショートさせるだけでは駄目なようで
外すと動かなくなります。仕方がないので取り付けたままにしました。

絶縁するためエアパッキンでくるむ

テスターで何度も動作検証してようやく完成です。
エアパッキンで基板をくるんで絶縁しておきました。

なんだかんだでこういうの作るのが面白いだけで
ゲーム自体あんまりやんなかったりするんだよなぁ。

関連記事:Fighting Stick 3 OBSN-30に交換

DualShock2基板乗っ取り その2

さて・・・

基板乗っ取り失敗しました^^;;;;;
リード線をはんだしたところまではよかったのですが
リード線の重みでパターンがはがれてしまったのです。
うーん、やっぱスルーホールじゃないと難しい。
こういう場合はどうするのがいいんだろうなぁ。
仕方がないのでICに直接リード線を接続してみましたがうまく動きません。

・・・まぁ、いろいろやったのですが駄目だったのです。
乗っ取りやすいコントローラ探すしかないかな・・・

DualShock2基板乗っ取り

前まで使えていたFighing Stick 3がOSを入れ直してからPCで使えなくなった。
デバイスとしては認識しているがボタンを押しても反応がない。
いろいろ試したがどうやっても動かないので基板を入れ替えることした。
いままではUSB接続だったが今回はDualShock2の基板乗っ取りをすることによって
PCでもPS2でもジョイスティックが使えるようにしたい。

DualShock2をバラバラにした

早速ばらしてみるとボタンはフレキシブル基板を使っていた。
これではケーブルを半田付けが出来ないのでフレキから伸びている基板に注目。

基板に注目

右上がフレキシブル基板と接続されている端子だ。

調べてみたところ上下の左から4番目が各ボタンのGNDのようだ。
黄色で囲んだところはスタート、セレクト、アナログスイッチで別のGNDを使っている。

GNDから12本もケーブルを接続しないといけないので
別の基板を使い中継しようと思う。

続きは後ほど・・・