CSE-M28E1とMegaRAID 9260-8i


CSE-M28E1
注文して半月、ようやく届きました。
CSE-M28E1とLSI 9260-8iです。

CSE-M28E1は、2.5インチSASが8本増設できるHBAです。
HBAはカードを指すんですね。エンクロージャが正しいかな。
MegaRAID 9260-8iは6Gbps対応の8ポートRAIDカードです。
SASエクスパンダを使うことで最大32台まで増設できます。

CBL-0103LとCBL-0116L
CSE-M28E1にはCBL-0103LとCBL-0116Lが付いてきました。
CBL-0116LはSFF-8087コネクタをSATAコネクタ4本に分岐するものです。
9260-8iにそのまま使えます。仕様書にはCBL-0103Lしかなかったので
なんだか得した気分です。別途買うと4000円ちょっとはしますからね。

ファンを外したところ
猛烈にうるさいNidecファンを外したところです。

ジャンパが見える・・・
右下にジャンパピンが見えます。

下のビス二つを外すと
下の二つのビスを外すと・・・

フタが外れジャンパが見える
フタが簡単に外れます。
右下にFan EnableとBuzzer Resetという二つジャンパがあります。
Fan Enableはジャンパを外すとファンが回らなくなります。
Buzzer Resetは外すとファンが動いていないときブザーが鳴ります。
ジャンパがあるときは赤いLEDが点灯して知らせてくれます。

基板の裏にはLSIチップが
さらに基板の裏を見てみるとLSI Logicのチップがありました。
なるほど、LSIのRAIDカードの互換性が高そうです。

内部はこんな感じ
基板を外した方です。
エアフローを考えてあるのか、空洞を多く設けてあります。

温度設定ジャンパ
左上に温度設定用のジャンパがあります。
45~55℃まで5℃刻みで設定できるようです。

MegaRAID 9260-8i
MegaRAID 9260-8iのパッケージです。
なんかパソコンパーツらしからぬサッパリしたデザインです。

本体とロープロファイルブラケットとCD
中には本体とロープロファイル用ブラケット、CDだけ入ってました。
ケーブルなしを買ったのですが、CSE-M28E1に付いていたので正解でした。
実際にはSFF-8087ケーブルは余っていたのでなくてもよかったんですけどね。

さて、ベンチマークは次回に行おうかと思います。
といっても、いまのところVertex2 50GBしか持っていないんですけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。