「Crypt of the NecroDancer」の中毒性がヤバい


Crypt of the NecroDancer
ローグライクゲームで人気が高く中毒性も高いとウワサの「Crypt of the NecroDancer」をやってみました。

このゲームの特徴といえばはリズムゲームでもあるところです。
画面下の方に心臓が動いており、BGMに合わせてキーを押すことでキャラを操作することが出来ます。敵キャラもそのリズムで動作しているので、リズムを外し続けると一方的にやられてしまいます。じっくり考えるのが楽しいローグライクゲームでもありますが、瞬時に考えて対処しなくてはいけないというスリリングなゲームなのです。

その分、操作も非常に簡単で十字キーしか使いません。十字キーでキャラを操作して攻撃は敵に突っ込むだけです。もっともアイテムを使うときは二つ同時押しなのでとっさに押せないときがあるので、そのときはキーコンフィグで変更も可能です。

BGMは自分で用意したMP3を使うことも出来るそうですが、まだ試してません。
タイミングとかも変わるのかな?

中ボス
ステージではアイテムを取ったり、ショップで買ったりして階段を降りていきます。中には中ボスがいて倒さないと階段のロックが解除されません。

大ボス
最下層には大ボスが待ち受けています。こいつを倒せばステージクリアです。集めたダイアモンドを持ち帰ることが出来ます。死んでも持ち帰れますけどね。持ち帰ったらロビーでパワーアップアイテムを購入できます。ダイアモンドを使ってボスステージに入ることも出来るようです。

キャラクタを変えることでプレイスタイルを変えたりも出来ますが、なんだか縛りプレイが多くなるイメージです。バードだとリズムに関係なく操作出来ますので普通のローグライクゲームを楽しめます。

気がつくと数時間過ぎ去ってしまうほどの中毒性がある「Crypt of the NecroDancer」がいまだと、1月2日まで25%オフでSteamでセールをしているのでちょっとだけお得です。この機会に遊んでみるのもいいかもしれません。数ヶ月前は40%オフだったみたいですけどね。


コメントを残す