A&D UN-135 ホットシャワー5を買ってみた


A&D ホットシャワー5 UN-135
A&D ホットシャワー5 UN-135を買ってみました。

去年の10月ごろから鼻の調子が悪くて、耳鼻科で急性蓄膿症と診断され薬を飲んでいると症状は良くなるのですが、なかなか完全に治らないのです。通院費もバカにならないし、時間ももったいないので思い切って吸入器を買ってみたのです。
ちなみに左のマスクはおまけで付いてきたものです。

開封!
開封すると収納袋も付属してました。

付属品!
新型 UN-135の特徴としては鼻専用ノズルが付いているところです。よく見ると口専用ノズルにもなるようです。まるで耳鼻科でやる吸入器のようです。

ハンドルを上げる
早速使ってみようと思います。
ハンドルを上げて霧化カバーを取ります。

霧化カバーを取る
霧化カバーを取ると吸入液カップが見えます。

吸入液カップを取る
吸入液カップを取ると霧化タンクが出てきます。

霧化タンクに水を入れる
霧化タンクに水を60cc入れます。

吸入液カップにも水を入れる
吸入液カップにも水を入れます。
ピンクの線以下までにしないと霧の量が減ってしまうそうです。

塩を入れる
付属の計量スプーンを使って塩を入れることで生理食塩水にすることが出来ます。なんでも、むせなくて済むそうです。

霧化カバーを取り付ける
霧化カバーを取り付けます。

ヒーターガードを付ける
ヒーターガードを挿入します。
このあとマスクやノズルを取り付けて準備は終わりです。

マスク
マスクの左右は穴が空いてるんですね。

ノズル
ノズルは先に取り付けるシリコンによって鼻用と口用に変えることが出来ます。

鼻用
鼻用。

口用
口用。

すごい勢いの霧
電源を入れると15秒後に霧がすごい勢いで噴出されます。
5分で自動停止しますが、気持ちよくてなんだか短く感じちゃいます。最初の方はプラスチック臭がありましたが、しばらくしたら気にならなくなりました。よく洗ってからやればよかったかも。

説明書では「吸入マスク、ノズルに顔を密着させず、少し離して、ゆっくりと吸入してください」と書いてありましたが、密着して使わないとしっかり吸入できません。「低温やけどの原因になります」とも書いてあったので、大人の事情なのでしょう。

吸入後、ちょっとすっきりしました。30分ぐらいすると鼻ががスースーです! 耳鼻科の吸入器とほとんど同じ感じです! こいつはすげーや!
試しに塩を入れないで普通の水道水でやってみたら、むせることはないですがなんだか鼻に違和感を感じました。やっぱり生理食塩水でやった方がいいようです。

計量スプーンの位置が残念
残念なのが計量スプーンの収納場所です。マスクのフタの裏に収納されているので常にマスクを使用している人には非常に便利なのですが、ノズルを常に使いたい人からするとマスクも機械の近くに置かないといけないのです。本体にも計量スプーンの収納場所を付けてくれれば良かったのになぁ。

それともう一つ、前作のUN-133 ホットシャワー3では霧化タンクを取り外せるので準備が楽だったそうですが、UN-135 ホットシャワー5では霧化タンクが本体にあるため、使い終わった後、本体を水を捨てるところまで持っていく必要があります。なんだか、持ち運びが面倒なので洗面台とかで使うことになりそうです。

不満点はこれぐらいですが、効果はばっちりですし、待ち時間もほとんどないし、鼻ノズルがついているしとかなり満足してます! 鼻水も止まったし最高ですね。しばらく使うと蓄膿症治るかなぁ。


“A&D UN-135 ホットシャワー5を買ってみた” への3件の返信

  1. とてもリアルに伝わってきましたっ!
    鼻回りのトラブルは初めてで迷いながらも購入を検討しています

    耳鼻科にいって暫くすると、確かに時間差でスッキリするんですよね
    あの改善感覚が期待出来そうなのが嬉しく思います
    勿論、個人々々と言う前提で

  2. これを買ってから耳鼻科へ行かなくなりましたよ。
    最近は毎日使ってるわけじゃないですが、なんか鼻の調子が悪いなぁと言うときに、
    朝晩2日ぐらいやるとすっきりします。

コメントを残す