夏の出来事

お盆に帰省して家族でまったりしていた昼間。
おもむろにノートPCでニコニコ動画を見ていたら
恐怖新聞原作の「予言」がうpされてることを発見。

テレビにつなげ家族で見ることにした。
まったりしていた空気も数分後にはピリピリしてきた。
結構、姉もおとんもおかんもホラー映画が好きなようだ。

なにげに実家に一人でいるとよく廊下から歩く音や
玄関が開けられる音とかよく聞こえることがある。
見に行くと誰もいない。小さい頃はずいぶん怖がったものだ。
いまでは木造建築だし多少きしむのだろうと気にしなくなった。
自分だけではなく家族全員体験していることだし気にしない。
そういうこともあるから怖い話も無意識に興味があるのかもしれない。

話も盛り上がってきたところで姉が飲み物を持ってくると席を立った。
映画も一時停止をして映画について親と話しているとちょっと空気が和んだ。

ギシギシ

姉が戻ってきた。一時停止を止め映画に集中し始めた。

ギシギシ

あれ、だれかくるのかなと周りを見渡した。
姉、おとん、おかん、そして自分。全員いる。

ギシギシギシ

足音が近づいてくる。この異変にみんな気づいたようだ。
一気に血の気が引いてきた。

「だれかいるのか!」

おとんが叫ぶ。

ギシギシ・・・

みんな視線は音のする廊下を見ている。
緊張は最高潮だ。

ぬっと人影が

「ひゃああああああぁぁあああああ!!!」

現れたのは親戚の叔父さんだった。
玄関で挨拶したが返事がないので上がってきたそうだ。
久しぶりに本気で怖かった・・・

Fihgting Stick 3その2

ハンズから買ってきた0.5mmのクリアプラ版
天板がペタペタするのでハンズからクリアプラ版0.5mm0.2mmを買ってみました。105円と安価です。

小一時間かけて切りました
天板をとりはずしてプラ版の上へ固定してデザインカッターで簡単にけがいてから、天板を外し小一時間かけて切りました。ボタン位置がずれているとプラ版が歪むのでボタンを付けるときは調整をしながら取り付けます。

スティックが天板に映っているぅううう!!!
さぁ、見えるでしょうか。スティックが天板に映っています! ちょっとゲームをやってみるとすばらしい感触!! ゲーセンへ行ったような気分です! ちょっと難なのがネジ止め部がどうしてもプラ版が歪んでしまうところです。下手に穴を開けすぎると固定できないし切れ目を大きめにするとそこから切れてしまうからです。まぁ、100円で作れるものとしては最高の物です。

関連記事:
Fighting Stick 3スティック交換 LS-32
Fighting Stick 3 OBSN-30に交換

Fighting Stick 3スティック交換 LS-32

改めてFighting Stick 3のスティック(LS-32)交換のレポートをしようと思います。せっかくだからボタンも交換したいところですが、現状STGしかやらないので不満が出てきてからにします。

天板のシールをはがす
まず、天板のシールをバリバリとはがします。これで天板を外すためのねじ山が見えてきます。

裏蓋を外す
裏蓋を外すとボタンと直付けされた基板が見えます。スティックの配線も半田付けされていますので今回は今後のメンテ性を考えてファストン端子を使うことにしました。

基板を外した
半田吸い取り器で基板を外しました。

左LS-32、右LS-56
左がLS-32、右がLS-56です。LS-56は小型化されているということでもしかしたら上げ底しないでも交換できるかなと思い一緒に買ってみました。しかし残念なことに軸の長さはほぼ同じでややLS-56の方が長いようです。本体そのものは小型化されているんですけどね・・・

ねじ穴を切り取る
次にスティック側の出っ張りをペンチで切り取ります。これでLS-32がぴったりはまるようになります。

LS-32をネジ止め
ピンバイスで穴を開け、カッターで削り平ネジが平らになるようにします。根気よく平ネジを合わせながら削っていくのですが結構削らないといけないので、これが一番苦労しました。

リード線で接続
メンテナンス性を考えてボタンと基板の直付けはやめてリード線でつなぎました。

エアパッキンで絶縁
スティック側のケーブルはファストン端子を使ったのもあり、ケーブルが足りなくなったので延長しました。エアパッキンで絶縁をして底上げするためにねじ穴にM4x10のスペーサーをくっつけています。

隙間から見えるスティック
FS3でもやっぱり上げ底しないとダメでした。あと10mm高さがあればなぁ。

とりあえず完成
とりあえず完成! 天板には光沢ラベルをそのまま貼りました。ちょっと素っ気ないですが試し貼りなのでそのうち何か印刷したものに貼り替えます。

さて、使い心地ですがかなりいいです! HORI純正の遊びが多いスティックと違いちょっと倒すと反応してくれます。使い始めかちょっと固い気もしますがそのうちなじむでしょう。ちょっと気になったのは天板の感触です。汗かきなのかペタペタします。いくら光沢紙といっても紙なので水分には弱いのでしょう。上にフィルムを貼るかなにかする必要がありそうです。

参考リンク:
斑鳩スティック制作レポ
家庭用アーケードスティックスレまとめWiki

関連記事:
Fighgting Stick 3その2
Fighting Stick 3 OBSN-30に交換

スティックを買った

Fighting Stick 3

東方にはまってしまいスティックを買ってきました。
いろいろ悩んだのですがそんなにやり込まないだろうと言うことと
あまり大きくない物がいいと思いFighting Stick3にしました。
Real Arcade Pro3も気にはなっていたのですがでかいので・・・

で、さっそくPCに接続するとPOVは認識しますが
東方紅魔郷ではスティックを認識しません。
JoyToKeyを使うことで操作できました。

・・・操作感は想像以上にダメでした。
なんかスティックの遊びが大きすぎるのです。
ボタンのタッチももっさりしていますが
そんなに連打等はしないので問題はないです。

天板むき出し

基板直付け

あまりにも我慢が出来なかったのでバラしました。
そう、スティックを交換することにしました。
天板を外すには表面のシールを履がしてボタンを取る必要があります。
裏を見るとボタンと基板ははんだ直付けになっています。
そのため半田を取り基板を外さないと天板を取ることが出来ません。
非常に面倒です。天板が外せないと新しいスティックを取り付けられません。

ついでにボタン交換もしたいですが業務用ボタンは
奥行きがあるため基板が収まらなくなりそうです。
うーん、悩むなぁ。

ヒヤガーデン

この前の日曜、横浜のヒヤガーデンに行ってきました。
ヒヤガーデンとは外で聞き酒をするという粋なイベントです。
午前中から行ったら「17時からです」と言われがっかり。
17時まで横浜をぐるぐる、中華街でぶらぶらしてました。

18時頃に向かったのですが、なにげに疲れてきて
かなりモチベーションが下がっていました。
ランドマークタワーに着くと上へ行くのかと思っていたら
なんと地下2階でやってるそうじゃないですか!
地下の狭苦しいところで飲むのかよ・・・とがっかりしていたら
びっくり! 地下2階ですが階段で囲まれたような広い空間でした。
そこで一ノ蔵の酒を飲みまくってるじゃないですか!
疲れた気分も飛んでいきました。

さっそく飲んでみました。
種類は9種類あって7種類までは3つ選んで500円
残り2つは1ショットのみで800円でした。
1ショットは好きなのが選べます。

一の蔵 ヒヤガーデン

左上から
・ ひめぜん
・ 発砲清酒 すず音
・ リキュール 花めくすず音
・ 特別純米酒生原酒生樽
・ 特別純米酒 超辛口
・ 無鑑査本醸造 辛口

になります。7つめは甘酒なのでありません。
下三つは本格的な日本酒で個人的には香りが強い
生樽が好みでした。辛口は本当に辛くて飲みにくい・・・
上三つはまるでワインやカクテルのような味わいです。
知り合いに聞いていた、すず音はマジでうまい!
これは酔っぱらってしまいますね。

残り2つは
・ 純米大吟醸 松天山
・ 大吟醸 玄昌

これも本格的な日本酒でした。
味は・・・ここまで来た頃には分からなくなってた。
ほかにも聞き酒というメニューがあり
一口飲んだ後、あとで渡される3つの酒を飲んで当てるという物です。
これは酔いすぎてチャレンジできませんでした。
“ヒヤガーデン” の続きを読む

MonsterX(その3)ノイズの原因

現状、ふぬああで音声入力するには
サウンドカードから入力するしかありません。
さっそくNO-PCIを買ってきたのでケースを開けました。
するとサウンドカードの上にはPV3がささっていました。

もしかして、これがノイズの原因か?
ためしにPV3を外して録画してみると見事ノイズは消えました。
X-Meridian疑ってごめんよ!

ついでにX-Meridianでビットストリームが録音できるか
試してみました。S/PDIFで入力するとまったく音が出ません。
設定で”validity check”を外すと何かが録音できました。
それを無圧縮WAVEに変換しext_bsでAC3に出力しようと思ったら
出来ませんでした。CMI8788では無理なのか・・・

で、PV3をMonsterXの上へさしてD1、D2で録画すると
斜め線の映像ノイズが乗るようになりました。
PV3ってノイズ発生させるのか!?

MonsterX(その2)ドライバ更新

早くもドライバの更新がされました。

初期ドライバではキャプチャ画面が全体的に暗く
黒つぶれが目立っていました。
しかも標準ソフトも不安定でまともに再生も出来ませんでした。

黒つぶれは某ブログや2chなどで報告されてたことで
新ドライバでは初期色設定が変更されて明るくなりました。
さらに映像設定だけのツールも追加されてふぬああでの
画質調整も出来るので黒つぶれも解消されると思います。
まだ、設定してないからわからないのです。

とりあえず新旧ドライバのデフォルト設定での画面を
キャプチャしてみました。

ver.070727ドライバ
旧ドライバ

ver.070803ドライバ
新ドライバ

ちょっとソースそのものが暗いのでよく分かりませんが
全体的にあかるくなり黒つぶれがなくなっています。
さらに画質調整をすれば希望の画質まで持って行けそうです。
問題のふぬああでの音入力はまだ無理のようで
設定するとふぬああが固まってしまいました。
相変わらずX-Meridianからの入力ではノイズが入ってしまいます。
NO-PCIでも使ってみようかな・・・

横浜花火大会

仕事が終わって速攻で見に行ってきました。
親父が午前中に段ボールとガムテープで
場所取りしてたのでばっちりです。
といっても、ちょっと離れたポートサイド公園です。
ガイドでは穴場と書いてありましたがものすごい人でした。
まぁ、ガイドに書かれちゃ穴場も何もないなぁ

なんどか携帯で写真を撮ろうと試みましたが
やはりうまくとれないのと臨場感がでないということで
あきらめました。目に焼き付けるかのように見てきたわけです。
いやぁ、すごい迫力だったなぁ

MonsterXが届いた

Monster X

Monster Xが届きました。
一時は動作不安定という話があり
キャンセルしようか悩んだのですが
原因が分かり問題なく録画できることが
分かったので安心しました。

さっそく導入してみると標準のソフトだと
何故かウィンドウが消えてしまい見えなくなります。
そのあと再起動しない限りソフトを起動できません。

しかたがないので、ふぬああを使ったら
なんなくキャプチャできました。
ですが、このカードからの音声入力を使うと固まるそうなので
外部から入力する必要があります。
なので、いま使っているX-Meridianに入力してみると
ノイズがひどくて耐えられません。
ちょっと時間がないので調べられませんでしたが
なんとかしたいと思います。

HDうなぎ

せっかくなので1920×1080でキャプって見ました。
ウナギがうまそうです。
元画像はこちらです。