忘年会

28日が仕事納めで就業時間と同時に
忘年会会場に急いで帰りました。

場所は芦ノ牧温泉!
会津は雪がすごいとの話でしたが
積もってはいましたが降ってはいなかったので
そんなに寒くはなかったです。
“忘年会” の続きを読む

ラジエータ掃除

ラジエータ

前々からPCのラジエータを掃除したいと思っていたのですが
以前、取り付けるのにかなり苦労したこともあり
なかなか行うことが出来ませんでした。
そこで、ちょっといいアイディアがあったので
掃除も兼ねて実行してみることにしました。
“ラジエータ掃除” の続きを読む

ブレーカー交換

このまえブレーカーを20Aから30Aに
交換してもらったのですが
かなり生活しやすくなりました。

いまのところなにやってもブレーカーが
落ちることはありません。

本格的にUPSが無駄金になった・・・

キング・コング

今回はネタバレぽいのであしからず
まぁ、リメイクだからネタバレもなにもないのですけどね。

この映画の監督が子供の頃「キングコング」をみて
映画監督になろう! と思ったそうです。
そして「ロード・オブ・ザ・リング」でメジャーデビュー
ようやくリメイクとなったわけです。
昔は「死霊のはらわた」とか作ってたような・・・

で、映画ですが舞台は20世紀初頭なのかな?
ヒロインである女優のアンはメジャーになるため
怪しい映画撮影に出ることになりスカル島に向かいます。
そこで待ち受けるのは原住民の強襲、そして恐竜!
キング・コングの生け贄として出会ってしまうのです。

いやもう、今回も素晴らしいCGでびっくりです。
草食恐竜に追いかけられるシーンなんてこれでもか!
というぐらい長いのです。
せまりくる巨体! もつれ合う恐竜! すごい臨場感です。
ほかにもキング・コングとティラノサウルスの戦いも見所です。
フルHDのCMに出てくるシーンもありにやりとさせられました。
なにより音がすごい! ドルビーデジタルなのか
dtsなのかよく分かりませんが、音がぐるぐる回ります。
これは音響効果が充実した映画館でみることをおすすめします。

さて、女優アン役のナオミ・ワッツは素晴らしい演技で最高でした。
そのアンに思いを寄せる脚本家ドリスコル役のエイドリアン・ブロディは
「戦場のピアニスト」のかっこ悪さをぬぐい去るかのような
かっこいい役をやるのかと思ったら・・・頼りなさは変わりませんでした。
だからこそこの配役なのかなぁ。

最後、NYで暴れるキング・コング
そこでアンに出会い楽しいひとときの中
軍に攻撃されていきます。
CGであるキング・コングは
人間味があふれているに対し
不思議と軍人にはセリフがほとんどなく
何か無機質な物を感じました。

そして、最後に映画監督が呟くのです。
「戦闘機に殺されたんじゃない。美女に殺されたんだ。」
なんとも名言めいてましたが、古さを隠し得ません・・・

総評:★★★★☆

ジム6ヶ月目(ダイエット日記)

引っ越しが重なり半月ほど休んでしまいました。
以前よりジムの場所が遠くなりましたがなんとか
通っています。

初めのオリエンテーションが終わった後
体験ダイビングというものがただで出来るそうで
それも受けてみました。

初めてウェットスーツを着たのですが
サイズが合わなくて縛られているようでした。
そのままエアボンベをしょって水中で息をしたり
フリスビーをキャッチボールして
その後は潜ってプールを一周したのです。
結構楽しいじゃないですか!
と思ったところで終わりでした。
その後、本格的にCカードをとってみないかと
激しく勧誘を受けたのです。
・・・ただより高い物はないですねぇ
ま、断りましたけどね!
だいたい、今まで海水にすら触ったことないのに
Cカードなんて・・・いいネタになるな!

半月もさぼってたから太ったと思ったのですが
意外にも体重が減っていました。

体重:76kg(2.3kg減)※靴をはいてない分軽い
体脂肪:19%(変化なし)

Day of Defeat:Source デモムービー

SourceエンジンでHDRに引き続き
新しい技術が公開されました。
元ネタはDay of Defeat:Sourceですがマジでヤバイ!
昔のフィルムのようなノイズ表現!
ピントを合わせたところ以外はぼやける表現!
まるで戦争記録映像のようです!

デモのないDay of Defeat:Sourceを買おうかどうか
迷ってる人には一押しする映像です。

公式HP:Day of Defeat:Source
4gamer:Valve,Sourceエンジンの可能性を示すデモ映像を公開

Postal3

なんとあの残虐ゲームの続編が出るそうです!
2では完全なるFPS化となったのですが
物理エンジンがしょぼく、PCの動きもおかしいなど不満がありました。
まぁ、その不満を発散すべく暴れ回るのですけどね。
現状ではどのようになるのかは分かりませんが
やはりFPSであることを願いたいです。

Postalは日常の一部で思わずやってしまった・・・
という物が原点だと思うのでリアル思考の方がいいですね。
それならば「Half-Life2」のようにさっぱりとした
グラフィックでキャラクタのダメージ表現は
いままでにない凝った表現を期待したいです。
2は標準では首しか飛ばなかったですから

あんまり懲りすぎて予定してたXbox360の発売が中止になったりして。

4gamger:あのサイテーゲームが帰ってくる RWSが「Postal3」を発表

kulog復活

サーバが復帰して3日経ってるんですが
一応、復活したと言うことで一言。

やったー、わーい

それはそうとテレビの写りが悪いので
管理局に電話したら週末に見に来てくれるそうだ。
ついでにブレーカーを20Aから30Aに変えてくれと言ったら
電気屋に連絡すればただでやってくれるそうなのです。

つい先日、UPS買ったのに無駄金になったかも・・・
ちなみに買ったのはこれです。