Call of Duty 2 ムービー

Call of DutyというとMedal of Honorを作った会社なのですが
実はやったことがありません。
Medal of Honor Rising sunをPS2でやったぐらいなのです。
あれは演出がすごく、面白かったのですがいろいろ不満がありました。
まずはパッド操作の限界です。
やっぱFPSはキーボードとマウスでないと!
それに米軍が日本軍を皆殺しにしていくという気分の悪いシナリオです。
しかもPCのバカな動きにはがっかりです。
そのためCall of Dutyもシステムが似ているということで
やっていなかったのです。

なぜ、そこまで興味がないゲームの続編の
ムービーを語ろうとしているかというと
なんとなしに見てみたら、驚きと恐怖を覚えたからです!
ムービーはノルマンディー上陸作戦の米軍のものです。
まるで、プライベートライアンのようでした。

上陸する前から次々と倒れていく戦友、爆風に巻き込まれて
意識がもうろうとする中で衛生兵が救助に来るシーンなど現実そのものです。
叫ぶ上官についていき連携をとりながら進んでく様子など、まるで映画です。
攻撃してるシーンがありますが、味方か敵かさっぱりわかりません。
現実でもそんな気がします。

これがゲームとは、マジですげぇ!
正直、リアル戦争には絶対に行きたくないと思いました。

http://www.4gamer.net/news/history/2005.06/20050617180839detail.html

バットマン ビギンズ

今回はヤケに面白そうなCMと渡辺謙が出ると言うことで観てきたのです。
ビギンズというだけにバットマンの始まりを語るストーリーなので
原作を知らない人にも、のめり込めます。

バットマンというと原作を読んだこともないので、
ドラマや映画を観てもなんだかよくわからない雰囲気
というイメージでした。

・・・なんだこりゃ、やけに面白いじゃないか!
なんだかんだバットマンに不満がありながら全作観てるのですが
これが最高傑作といえるでしょう!!

ただ、ひとこと言いたい。
あの渡辺謙の扱いはなんだ!

総評:★★★★☆

水冷PCの温度変化

Before
After

After
Before

CPUを水冷化したことによって循環がよくなりそうです。
でもCPUファンがなくなったのでその代わりとなるファンが必要かな。

CPUとHDD水冷化でどれぐらい変わったか表にまとめました。

CPU:Athlon64 3200+(CG) CrystalCPUID使用
GPU:RadeonX800XT AGP
hda:IBM(日立) IC35L120AVV207-0 120GB
hdb:Maxtor 6Y160P0 160GB
hdc:IBM(日立) HDS722516VLSA80 160GB

hdaとhdbを水冷化。hdcはSmartDrive2002に入れている。
気温は25℃。アイドル状態です。
導入後、ラジエータのファンを50%(800rpm)と100%(1200rpm)にして測っています。

  Cace CPU GPU hda hdb hdc
Before 46℃ 40℃ 36℃ 48℃ 44℃ 41℃
After(50%) 47℃ 36℃ 40℃ 40℃ 39℃ 40℃
After(100%) 46℃ 33℃ 38℃ 38℃ 36℃ 38℃

HDD水冷化することによって、水冷化していないHDDまで温度が下がっています。
いままでhdaとhdbの熱がhdcに移ってきていたようです。

CPUはもともと低かったですが、かなり温度が下がっています。
OCしてもかなり余裕がありそうです。

GPUはやはり温度は上がりましたが空冷時は50度以上だったのでよしとします。
全体的に負荷をかけたものも載せたかったのですが、
HDDに負荷をかけるいい方法がなかったのでアイドル状態を載せました。

ラジエータファンは温度差を見てみると50%でも十分な能力を発揮しています。
100%にすると結構うるさくなるので温度が上がったら動作するようにしました。

HDD水冷ケースの静音性はかなり静かです。
書き込みの時、わずかにカリカリと音がする程度でSmartDriveと代わりありません。

結果、水冷導入によって静音化と冷却効果を両立できて大満足でした。
“水冷PCの温度変化” の続きを読む

戦国自衛隊1549

バトルフィールド2のデモを楽しんだあと、観に行ったのですが
もうバトルフィールドそのものです!
こんなMODあったら面白いだろうなぁ。

映画的には昔やったやつと比べて後味がいいので、そこそこ面白かったです。
セリフがベタすぎてなんていうか読めちゃうのが残念。

総評:★★★☆☆

SANYO コロリーナ

コードレスの掃除機を買ってきました。充電は一時間とかなり早いです。一時間後、電源を入れてみるとローラーがすごい勢いで回り始めました。軽くかけてみたら思いのほか吸い込みます! なんだか掃除が楽しくなってきます。小一時間後、すごいゴミの量です。…告白します。ここに引っ越して9ヶ月、まともに掃除してませんでした! どうりでホコリがたまるの早いと思ったんだよな。

水垢

早速、水冷を組み直そうと水を抜こうとしたらびっくり! 水垢が浮いてます。チューブも色が変わるほどです。今まで気づかなかった… チューブをすべて交換する必要が出てきました。買ってくるまでPCは使えないなぁ
“水垢” の続きを読む

HDD水冷ケース (Alphacool Silentstar HD-Dual)

Watercool Silentstar HD-Dual

Silentstar HD-Dualがようやく届きました。
前からやりたかったHDDの水冷化が実現できます。
箱から出して思ったのはとにかく重い!

中には銅削りだしの水枕が入っていました。
これでHDDをはさんで接続するわけです。
水路は少し下になるので上側のHDDはあまり冷えないかもしれません。

内部の写真

ケース内を見るとスポンジが敷き詰められています。
よくみるとスポンジとケースの間に静震シートを確認しました。
このスポンジも吸音スポンジなのかもしれません。

このケースで驚いたのがケースを固定するための穴はあるのですが
ネジが切ってありません。付属のタッピングネジで取り付けるようです。
何度か取り付けをしているうちにバカになりそうで怖いです。

Alphacool NexXxoS XP

今回はついでにCPUの水枕も買いました。
CPUはそんなに熱くないので水冷化を考えていなかったのですが
ケースの空気循環が悪いので、よくするために導入することにしました。

CPUの水枕というと銅板とアクリルで構成されたものが多いのですが
これは金属のみで出来ています。これだと破損の危険性がないので安心して取り付けられます。

さぁ、組み立ては時間がかかりそうだ。
“HDD水冷ケース (Alphacool Silentstar HD-Dual)” の続きを読む

DJ MAX beta test

ネット対戦が出来る音ゲーのベータテストをやってみたところすげぇおもしろい!!
システムはBeatmaniaII DXのようです。
もちろん一人で遊べることも出来ますし、曲も今後も増えていくそうなのでかなり期待大です。
正直、一人で遊んでても十分面白くスコア対戦をしてもうまさが同じぐらいならかなり白熱します。

操作はキーボードですが、さすがに無理なのでIIDXのコントローラを使ってプレイしました。
今の問題点はチャットでの文字化けです。こちらはなぜか日本語入力も出来なかったです。
あと、、曲と動画が合ってねぇぇ!!

無料ですけど登録が必要です。
http://game.netmarble.jp/cpsite/djmax/index.asp