カテゴリー
映画

「猿の惑星 創世記」をみてきた


Pocket

猿の惑星 創世記
「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」を観てきました。
猿の惑星はかなり昔の映画ですが、これはその始まりを描いたものです。

CMとかでもストーリーはやっているので簡単に説明しますが
認知症の薬の実験により、高度な知能を持った猿(シーザー)が生まれ
捕らえられ、そこから脱出する話です。

で、捕らえられた劣悪な環境のシーンをみていると
なぜか「ショーシャンクの空に」を思い出してしまいました。
そしてものすごい動く猿の表情! もう感情がものすごい伝わってきます!
CGすごすぎるわー

なにげに意味ありげな猿たちが複数出てきましたが
前作をよく覚えている人からするとにやりとするのでしょうか。
前作をみたのは遙か昔なのでよく覚えていません。
レンタルしてこようかなー

これからネタバレなので反転しないこと

人類が滅んだのは猿が原因じゃなかったのねえ
でも、あのあとウィルスが蔓延して人類がすぐに滅亡してしまう前に
宇宙船で惑星探査に行くような人たちがいたのだろうか・・・と
この文章を書いていたら思いだしたけど、なんか書いた新聞を配っていたような
あれが、その探査に関することだったのかな?

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。