Vertex 120GB ファーム1370

遅くなりましたが、Vertexの新ファームウェア1370が出ましたので
旧ファームウェア1275と比較してみました。
左が1270、右が1370です。

シーケンシャルリード
シーケンシャルリード比較

シーケンシャルライト
シーケンシャルライト比較

ランダムリード
ランダムリード比較

ランダムライト
ランダムライト比較

今回からCDやUSBメモリでアップデート出来るようになりました。
しかもデータは消えないそうです。
今回はベンチのためにデータは消しちゃったので確認してないですけどね。

比較してみるとこれといって変化はありません。
今回はtrim対応とアップデートが簡単になっただけかな。
しいて言うとなると、1370とは関係ないのですが
旧ファームウェア1275の劣化が少ないです。
以前の1199と1275の比較を見てみると一目瞭然です。

あと、気になったのはランダム系のデータが50%分しか使用されないとこです。
Windows7上で測定したからかな・・・

参考記事:
Vertex ファームアップデート 1199
Vertex 120GB ファームアップデート 1275

IDEとAHCI比較(Win7)

Thinkpad X61でVertex 120GBのベンチスコアがいまいちなのは
SATAドライバが原因ではないかと思い測定してみました。

その前に初期のVertexはAHCIでは認識できなかったため
IDEでWindows7をインストールしたわけですが
ファームウェア1275ではAHCIでも使えるようになってました。
1199のときは試してなかったのでわかりません。

ですが、すでにIDEでインストールしてしまってるので、ちょっと儀式が必要でした。

HLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\msahci
Start の値を3 > 0 に変更して電源を切る
BIOSでAHCIに変更して起動
AHCIドライバインストール後、再起動

無事にAHCIへ移行できました。
そのあとIntel AHCIドライバをインストールして完了です。

IDEモード
IDEのまま

AHCIモード Win7標準ドライバ6.1.7000.0
AHCI Ver.6.1.7000.0(Windows 7 標準ドライバ)

AHCIモード Intelドライバ 8.8.0.1009
AHCI Ver.8.8.0.1009(Intel ドライバ)

IDEからAHCIでは微妙にライトがアップしてますが
ドライバではあまり差が出ませんでした。
というか4kがダウンしてます。
もう、劣化かよ・・・

Trim対応のファームが出たみたいですが
Windows7ベータじゃTrim対応していないので意味ないよなー

追記: 2009年6月23日
Thinkpad X61がSATAII接続でないのでは
というコメントを見ていろいろ調べてみました。

デバイスマネージャを確認してみましてみると
IDE ATA/ATAPI コントローラには次の三つがありましたが
どれをみても、SATAIIで動作しているかどうかは確認できませんでした。

・ ATA Channel 0
・ Intel(R) ICH8M Ultra ATA Storage Controllers - 2850
・ Intel(R) ICH8M-E/M SATA AHCI Controller

次に思いついたのはHD TuneのInfoです。
HD Tune Info
Supported: UDMA Mode 6 (Ultra ATA/133)
Active: UDMA Mode 7 (Ultra ATA/512)

UDMA Mode 7がアクティブみたいですが、この規格の詳細が不明です。
Ultra ATA/512となっているので512MB/sということでしょうか。
SATAIIは375MB/sですのでHD Tuneがおかしいのかもしれません。

X61のサウスブリッジ ICH8MはSATA 3.0Gbps対応していますが
LenovoのフォーラムによるとX61はSATAIIドライブは使えるが
1.5Gbpsの速度しか出ないそうです。つまりSATA接続なのでしょうか?
修正してくれとの書き込みも見られました。

なにやらCentrino2からようやく3.0Gbps対応するそうで
X200sはすでに対応しているとのことです。

なるほど・・・ゴクリ

Vertex 120GB ファームアップデート 1275

Vertex 120GBのファームウェアを1199から1275へアップデートしました。
変更内容はRAIDのパフォーマンス修正らしいのでスルーしていましたが
1199では高負荷時に壊れるとかの書き込みを見て、急いでアップデートしました。
左が1199で右が1275です。

シーケンシャルリード
シーケンシャルリード

Windows 7が10GB程度使用していたためか
ちょうどその周辺がものすごい速度低下しています。
でも、ファームアップデートで見事復活!
微妙にパフォーマンスも向上しているようです。

シーケンシャルライト
シーケンシャルライト

ファームアップデートをしたら変なグラフになっています。
70%あたりから急激に書き込み速度が向上しています。
逆に言うと70%あたりまで一度書き込みをしたため劣化してしまったのでしょうか。

ランダムリード
ランダムリード

ランダムライト
ランダムライト

ランダムについてはすべてにおいてパフォーマンスが上がっています。
個人的に驚いたのは、ファームウェアのアップデート結果より
この数週間の使用で予想以上に速度低下が起きていたことの方が大きいです。

参考記事:Vertex ファームウェアアップデート 1199

左1199、右1275

これは、Windows 7 Beta上で測定したものです。
先ほどと同じく左が1199、右が1275です。
誤差程度で、速度低下は改善されません。

某スレで10%程度、未定義領域を作ると速度低下を防げると
書き込みをみて試したものですが、あまり変わりませんでした。

SSDというよりThinkpad X61のSATAコントローラが
原因ではないかと思ったり・・・

Vertex ファームアップデート 1199

先ほどVertexの劣化っぷりを披露したわけですが
OSを入れたところでの測定なのでちゃんと比較してみます。

といってもファームアップしたときの比較ですけどね!
そう、先日ウワサされていた新ファームが公開されたのです!
さっそく比較してみましょう。

左がOSを入れた後フォーマットしたもので
右がファームウェアアップデートしたものです。

シーケンシャルリード比較
シーケンシャルリード比較

シーケンシャルライト比較
シーケンシャルライト比較

ランダムリード比較
ランダムリード比較

ランダムライト比較
ランダムライト比較

Vertex始まったな!!

追記: ファームのバージョンをタイトルに付けました。

OCZ Vertex 120GB その後

先日、ベンチマークを測定したOCZ Vertex 120GBですが
書き込みを一切していない綺麗な状態でしたので
ほかのところのベンチ結果とほぼ同じで面白くありません。

ということで、Windows 7 Betaをインストールして
再度測定してみました。
なお、Windows 7 Beta上で測定したので書き込み測定は出来ません。

## シーケンシャルリード ##
Before (未使用時)
HD Tune Pro シーケンシャルリード

After (Windows 7 Betaインストール後)
HD Tune Pro シーケンシャルリード

## ランダムリード ##
Before (未使用時)
HD Tune Pro ランダムリード

After (Windows 7 Betaインストール後)
HD Tune Pro ランダムリード

ごらんの有様だよ!!

OCZ Vertex 120GBレビュー

OCZ Vertext 120GB

OCZ Vertex 120GBが届きました。

中身

中身は結構安っぽい感じです。
コントローラがJMicronならよくついているUSB端子はありませんでした。
VertexのコントローラはIndilinxという、あまり聞いたことのないメーカーのものです。

早速、ベンチマークを測定してみました。
前まではCrystal Disk Markでも測定してましたが
平均的な数値だけではわかりづらいのと、IOPSが測定できないので
HD Tune Pro 3.5を使用しています。

HD Tune Pro シーケンシャルリード
シーケンシャルリード

HD Tune Pro シーケンシャルライト
シーケンシャルライト

HD Tune Pro ランダムリード
ランダムリード

HD Tune Pro ランダムライト
ランダムライト

公称スペックでは以下のようになっています。

Read : 250MB/s
Write: 180MB/s

Readは200MB/s止まりで、Writeも申し訳程度な結果です。
というか、なにこの波線グラフ

ランダムライトよりプチフリは起きないことがわかります。
プチフリが起きるJMicronの場合はIOPSがすべて4程度なんですよね。

個人的にはそれなりのパフォーマンスが出ているようなので
良さそうかと思いますが、実際に使用してみないとなんとも・・・

それと来週あたりに新ファームを公開するそうです。
新ファームを導入するとシーケンシャルが20%ほど向上するそうです。
これは楽しみです。

OCZ 1TB SSD 「Z Drive」

4gamer: OCZ,容量1TB,読み出し速度最大600MB/sのPCIe x8接続MLC SSDをCeBIT 2009で公開

先日、OCZ Vertex SSD 120GBをIYHしたのですが、とんでもないのが出るみたいです。
MLCで大容量ということでアプリ用かと思いますが1TBはすごいですね。
データ用としてはちょっともったいないですが、アプリで1TBも使う人いないよな・・・

これってどういう風に認識するんだろう? SATA2の仕様も超えているし
RAMDISKみたいな感じかな? 結構気になるところです。