Smart Drive Neo レビュー

SAS対応のSmart Drive Neoが安かったのでゲットしました。

左 SmartDrive2002、右 SmartDriveNeo

左がSmart Drive 2002で右がSmart Drive Neoです。少し長くなって表面が縞鋼板のようになりました。正直、しょぼくなった気が・・・

ネジの比較

ネジもプラスからマイナスに変わり溝が少ない上、幅が広いので非常に回しにくくなりました。フタの間にゲルが挟まっているので締めすぎないようにしているだと思いますが、あまりにも使いづらいです。さらに困ったのがNeoを取り付けるネジが磁石に付かないので取り付けに苦労したのです。ネジ交換しましたけどね。

SmartDrive2002ではSASケーブルは入らない

一応、Smart Drive 2002ではSASが入らないところを写してみました。全体を写さないと意味がない気もしますが、コネクタに注目したかったのでご了承ください。

SmartDriveNeoの中身

Neoの中身ですが、いままでのSmart Driveとはずいぶん変わっており、ダンパーの上にHDDを置いて防振効果を高めたそうです。さらに内部にケーブルを設けているので防音効果がさらに高まったように思われます。ケーブルはSAS対応になっていますが、1chまでしか対応していないようです。まぁ、RR2640x4も1chしか対応してないので関係ないのですけどね。

SASを取り付けてみた

SASを取り付けるとこのようになります。内蔵ケーブルが無理な感じになっていますね。もう少しすっきりできなかったのでしょうか。

問題の動作結果ですが、シーク音は完全無音とまではいきませんが、気にならない程度の音になりました。擬音で説明するとガリゴリガリリ・・・がカリカリ・・・になったのです。問題は・・・共振するようになってしまったのです。発信源はNeoで、手で押さえても止まりません。内部で共振しているのかもしれません。なんのためのダンパーでしょうか。そういえばダンパーの上に何もなかったのですが、その間にゲルを挟んだらいくらかよくなるかもしれません。これはあとで試してみます。

次に温度変化を測定しました。室温は25℃です。

■ 裸のままの温度
裸のままの温度(40℃)

■ Smart Drive Neoに入れた温度
Smart Drive Neoに入れた温度(51℃)

一番上のSYSというやつがCheetah15K.5です。下3つもエンクロージャーに入れてるので結構熱いです。驚くことに11℃も差が出ました。どちらもPCケースを開けたまま測定したので多少、裸の方が温度が低くなっているとは思います。問題は気温+26℃という現実です。このままでは夏になったら常時60℃以上になってしまします。対策として、Neoの場合はHDD基板にゲルを貼り付けて縞鋼板と密着しているので、縞鋼板にファンを当てれば結構冷えるかもしれませんね。

■2008/06/28追記

共振対策として試しにダンパーの上にゴムワッシャーを置いてみた。
ダンパーにゴムワッシャーを置いてみた

するとどうだろう! あのうるさかった共振音がぴったり止まったじゃないですか! 実に簡単な改善方法で助かりました。そういえばWebニュースとかの画像ではダンパーの上にゴムみたいなのが乗っていた気がしたんだが、製品版にはなぜ付いてないんだろう?

関連記事:Smart Drive Neo 共振対策

Smart-Pad

Smart-Pad
Raptor WD1500ADFDの音が静音ケース(Smart Drive)に入れてもうるさいのでこんな物(Smart-Pad)を買ってみました。Smart Driveの内部にあるフォームラバーを入れ替えるキットです。

Smart Driveの15mmのフォームラバーをはがす

かなりキツいがSmart-Padをはめる
予想外に取り付けるのはキツくてちょっと苦労しました。これで音が消えるのでしょうか。・・・たしかに音が小さくなりました。その代わりエンクロージャのHDDの音が目立つようになりました。静音スパイラルだなぁ。

MonsterX(RAID0を組んでみた)

MonsterXで安定して録画できるようにするためにRAID0を組みました。RAIDを組んだのはUltra66をFastTrack66へ改造したとき以来です。あの頃は20GB x2でRAID0にして、やべぇすげぇ速い! って喜んでいたものです。用意したのはDeskstar T7K500(HDT725050VLA360 )2個です。せっかくRAIDを組むので前から気になっていたSoftware RAIDとHardware RAIDはどっちが速いか比べてみました。

測定したソフトはCrystalDiskMark 1.0.4cです。

■HDT725050VLA360 x1
Sequential Read : 79.812 MB/s
Sequential Write : 72.863 MB/s
Random Read 512KB : 49.501 MB/s
Random Write 512KB : 52.227 MB/s
Random Read 4KB : 1.823 MB/s
Random Write 4KB : 3.227 MB/s

■Software RAID 0 (WindowsXP SP2)
Sequential Read : 153.475 MB/s
Sequential Write : 127.461 MB/s
Random Read 512KB : 81.298 MB/s
Random Write 512KB : 76.489 MB/s
Random Read 4KB : 58.774 MB/s
Random Write 4KB : 9.020 MB/s

■Hardware RAID 0(nVIDIA nForce RAID)
Sequential Read : 153.675 MB/s
Sequential Write : 131.483 MB/s
Random Read 512KB : 81.866 MB/s
Random Write 512KB : 83.110 MB/s
Random Read 4KB : 36.919 MB/s
Random Write 4KB : 8.092 MB/s

予想外の結果になりました。
Random Read 4KBが圧倒的にSoftware RAIDの方が速かったのです。ほかはそんなに差は見られませんでした。そうなるとSoftwareでもいいのかなと思いましたが、今後Vistaに移行することを考えるとHardwareで行くことにしました。まぁ、M/BのオンボードRAIDなのでこの程度なのでしょう。さっそくMonster Xで1920x1080iをキャプって見たところドロップフレーム0で録画できました。使用ソフトは某掲示板で神が作ったMxCaptureです。これはあと録画時間も指定できたら個人的には満足のソフトです。MJPEG Qualityを19から20にしたらさすがにドロップしまくってダメでした。Q20で録画するにはHDD3個でストライピングしないとダメかな? あとはVista 64bitドライバ待ちだな・・・

水冷PCの温度変化

Before
After

After
Before

CPUを水冷化したことによって循環がよくなりそうです。
でもCPUファンがなくなったのでその代わりとなるファンが必要かな。

CPUとHDD水冷化でどれぐらい変わったか表にまとめました。

CPU:Athlon64 3200+(CG) CrystalCPUID使用
GPU:RadeonX800XT AGP
hda:IBM(日立) IC35L120AVV207-0 120GB
hdb:Maxtor 6Y160P0 160GB
hdc:IBM(日立) HDS722516VLSA80 160GB

hdaとhdbを水冷化。hdcはSmartDrive2002に入れている。
気温は25℃。アイドル状態です。
導入後、ラジエータのファンを50%(800rpm)と100%(1200rpm)にして測っています。

  Cace CPU GPU hda hdb hdc
Before 46℃ 40℃ 36℃ 48℃ 44℃ 41℃
After(50%) 47℃ 36℃ 40℃ 40℃ 39℃ 40℃
After(100%) 46℃ 33℃ 38℃ 38℃ 36℃ 38℃

HDD水冷化することによって、水冷化していないHDDまで温度が下がっています。
いままでhdaとhdbの熱がhdcに移ってきていたようです。

CPUはもともと低かったですが、かなり温度が下がっています。
OCしてもかなり余裕がありそうです。

GPUはやはり温度は上がりましたが空冷時は50度以上だったのでよしとします。
全体的に負荷をかけたものも載せたかったのですが、
HDDに負荷をかけるいい方法がなかったのでアイドル状態を載せました。

ラジエータファンは温度差を見てみると50%でも十分な能力を発揮しています。
100%にすると結構うるさくなるので温度が上がったら動作するようにしました。

HDD水冷ケースの静音性はかなり静かです。
書き込みの時、わずかにカリカリと音がする程度でSmartDriveと代わりありません。

結果、水冷導入によって静音化と冷却効果を両立できて大満足でした。
“水冷PCの温度変化” の続きを読む

HDD水冷ケース (Alphacool Silentstar HD-Dual)

Watercool Silentstar HD-Dual

Silentstar HD-Dualがようやく届きました。
前からやりたかったHDDの水冷化が実現できます。
箱から出して思ったのはとにかく重い!

中には銅削りだしの水枕が入っていました。
これでHDDをはさんで接続するわけです。
水路は少し下になるので上側のHDDはあまり冷えないかもしれません。

内部の写真

ケース内を見るとスポンジが敷き詰められています。
よくみるとスポンジとケースの間に静震シートを確認しました。
このスポンジも吸音スポンジなのかもしれません。

このケースで驚いたのがケースを固定するための穴はあるのですが
ネジが切ってありません。付属のタッピングネジで取り付けるようです。
何度か取り付けをしているうちにバカになりそうで怖いです。

Alphacool NexXxoS XP

今回はついでにCPUの水枕も買いました。
CPUはそんなに熱くないので水冷化を考えていなかったのですが
ケースの空気循環が悪いので、よくするために導入することにしました。

CPUの水枕というと銅板とアクリルで構成されたものが多いのですが
これは金属のみで出来ています。これだと破損の危険性がないので安心して取り付けられます。

さぁ、組み立ては時間がかかりそうだ。
“HDD水冷ケース (Alphacool Silentstar HD-Dual)” の続きを読む