PostfixでGmailへリレー設定


以前にもPostfixを使ってGmail転送設定の記事を書いたのですが
間違っていたり、古くて陳腐化していたので、再度書いてみました。

下記をインストール

# yum install cyrus-sasl
# yum install /usr/bin/c_rehash

Gmailの証明書を取得

# openssl s_client -connect smtp..com:465 -showcerts

0 s:/C=US/ST=California/L=Mountain View/O=Google Inc/CN=smtp.gmail.com
i:/C=US/O=Google Inc/CN=Google Internet Authority
ここから
-----BEGIN CERTIFICATE-----

-----END CERTIFICATE-----
ここまでを/etc/pki/tls/certs/google.pem として保存
1 s:/C=US/O=Google Inc/CN=Google Internet Authority
i:/C=US/O=Equifax/OU=Equifax Secure Certificate Authority
ここから
-----BEGIN CERTIFICATE-----

-----END CERTIFICATE-----
ここまでを/etc/pki/tls/certs/euqifax.pem として保存

証明書をハッシュ化

# c_rehash /etc/pki/tls/certs
Doing /etc/pki/tls/certs
google.pem => xxxxxxxx.0
euqifax.pem => xxxxxxxx.0

gmailのパスワードファイル作成

# vi /etc/postfix/auth_passwd
[smtp.gmail.com]:587 xxxxx@gmail.com:password

# chown root. /etc/postfix/auth_passwd
# chmod 600 /etc/postfix/auth_passwd
ファイルを更新したらpostmapを必ず実行
# postmap /etc/postfix/auth_passwd

Postfixの設定

# vi /etc/postfix/main.cf
relayhost = [smtp.gmail.com]:587

smtp_use_tls = yes

smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/auth_passwd
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_sasl_mechanism_filter = plain

smtp_tls_CApath = /etc/pki/tls/certs
smtpd_tls_session_cache_database = btree:/var/lib/postfix/smtpd_scache

Postfixを再起動

# /etc/init.d/postfix restart

これで設定は終了です。
エラーがないか/var/log/maillogを確認ください。

このままだと独自メールアドレスで送信しても
Gmailのアドレスで表示されてしまいます。
それを解決するためにGmailの設定を変更します。

  1. Gmailにログインし右上にある歯車アイコンから設定を選択
  2. 「アカウントとインポート」を選択
  3. 真ん中あたりにある「メールアドレスを追加」を選択
  4. 独自メールアドレスを入力し「次のステップ」を選択
  5. 「SMTPサーバー経由でxxxx.xxx送信します」を選択
  6. SMTPサーバ名、メールアドレスのユーザー名、パスワードを入力
  7. 確認のメールを送信
  8. メールを確認して書き込まれているURLをクリック

これで設定完了です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。