Thinkpad A285のトラックポイントのスクロールが使いづらい

Pocket

Thinkpad A285
A285を使い始めて思ったのがトラックポイントのスクロールが使いづらいのです。

初期不良なのかそういう物なのかは判断付かないのですが、センターボタンを押してスクロールしようとすると非常にもっさりしていて、力を入れるとスクロールせずマウスポインタが動いてすっぽ抜けてしまうのです。ボタンが硬いのかなと強めに押すと固定されますが、とても常用できる操作ではありません。その上、スクロールも引っかかりがあるような感じで動作します。

ソフトリムキャップ
標準のキャップは、表面のボコボコで指が痛くなるので、Thinkpad X61で使っていたソフトリムキャップと交換しようかと思ったところ、サイズが合わず取り付けられませんでした。専用のものがあるか調べてみましたが売っていないようです。これには困りました。

とりあえず、トラックポイントのドライバを更新してみたら改善するのではと、自分のブログですがこちらを参照にドライバを更新してみました。

Thinkpad X61 Windows 10でトラックポイント問題を解決してみた

UltraNAV
Thinkpad A285標準ドライバでは、表示されないUltraNAVタブが追加されました。

トラックポイントのプロパティ
トラックポイント・スティックの感度の調整ができます。これはスムーズに動くので問題ありません。他に設定がないのかなと「プレス・セレクト-オン」の設定を開いてみました。

プレス・セレクトの設定
プレス・セレクトはトラックポイントを押したり離したりすることで、クリックさせる機能のようです。こんな機能があったなんていままで知りませんでした。さっそく使ってみましたがちょっと慣れが必要のようです。A285のボタンはポコポコと音がうるさいので使いこなせば静かに操作出来るようになるかも知れません。

結局のところですが、スクロールがすっぽ抜けてしまうのは直りませんでした。センターボタンをもっと押しまくってなじませたらいいのでしょうか。

なにげにタッチパットはとてもスムーズで使いやすかったです。トラックポイントがあるからThinkpadにしたのにこれじゃ何のために買ったのでしょう。タッチパットで常用するんなら、買おうか悩んでいたMatebook X Proにすればよかったのかなぁ。

2018/11/01 追記
上記のドライバを入れたところ、再起動するたび設定が初期化されることが分かりました。ためしにA285標準の

Pocket