Radeon RX480 vs HD7970


Radeon RX480
RX480とRadeon HD7970を簡単に比較してみました。

なんだかHD7970を買ったときは価格変動があってがっかりして、今回はRadeon Pro WXシリーズの発表が行われてがっかりしてますが、価格もTDPも高いんだろうなぁと自分に言い聞かせています。

まずはベンチマークでDirectX 11と12の比較をしてみます。
使用ソフトは3DMarkのTime Spy(DirectX 12)とFire Strike(DirectX 11)です。
DX12 HD7970
3DMark Time Spy(DirectX 12) HD7970

DX12 RX480
3DMark Time Spy(DirectX 12) RX480

3DMark Time Spy (DirectX 12)
RX480 HD7970
Graphics score 3983 1956
Graphics test 1 26.56FPS 13.40FPS
Graphics test 2 22.40FPS 10.76FPS

DirectX 12ではおよそ倍のスコアを出してします。ですが、30FPSは欲しかったかも。

DX11 HD7970
3DMark Fire Strike(DirectX 11) HD7970

DX11 RX480
3DMark Fire Strike(DirectX 11) RX480

3DMark Fire Strike(DirectX 11)
RX480 HD7970
Score 8602 6563
Graphics score 12275 7985
Graphics test 1 57.27FPS 36.53FPS
Graphics test 2 49.97FPS 33.08FPS
Physics score 6579 6532
Physics test 20.89FPS 20.74FPS
Combined score 3090 2820
Combined test 14.38FPS 13.12FPS

Graphics testで劇的に速くなっていますが、Physics testとCombined testはCPUが足を引っ張っているためか、総合的にはそんなに速くなっていません。

次は消費電力の比較です。
ワットチェッカーによる目視のため、おおよその値になります。

RX480 HD7970
アイドル 168W 165W
Project CARS 318W 310W
3DMark Time Spy 355W 350W

驚くことに消費電力が少しだけですが上がってしまいました! 低消費電力でハイパワーPCを期待していたのですが期待外れです。それにしても数年前のアイドル消費電力は126Wほどだったのに、なぜか40Wも上がっています。HDDをSSD化やOculus Riftの追加が原因でしょうか。ちなみにOculus Riftは待機モードにしているのでそんなに電力は食わないと思っています。

ちなみに水冷化用のポンプが20Wも使っていることにビックリ。そのほか12cmファンを6個、92mmファンを3つなどファンをガン積みしているのも消費電力が上がる原因かもしれません。低消費電力にするには水冷化もやめないといけないのかぁ

RX 480の温度比較
最後は温度変化の比較をしたいところですが、面倒でやりませんでした!

とりあえず、Radeon RX480 + EK-RC RX-480で水冷化したRX480の温度変化を出してみました。負荷はOCCTで1分待機、4分負荷、5分待機という動きです。GPU温度の測定はGPU-Zを用いています。気温は28度でした。グラフはGoogleスプレッドシートで作成してます。

アイドル時は48度程度、負荷時に最大59度でした。結構優秀な数字を出していると思います。負荷は4分としていますが、10分ぐらい負荷をかけた方が良かった気もします。まだまだ上がりそうな感じですからね。

それにしても消費電力が下がるどころか上がったことにショックで仕方ないです。
ドライバの設定で「電力効率」と「Compatibillty Mode」をオンにしていたというのにです。これ、ドライバ更新で変わってきたりするものなのかなぁ。


コメントを残す