MegaRAID 9260-8iドライバ比較


9260-8iのドライバとファームウェアが更新されたのでベンチ比較してみました。

ファームウェア ドライバ
新(右図) 12.9.0-0037 Ver. 4.27.1.64
旧(左図) 12.7.0-0007 Ver. 4.24.0.64

更新内容ですが、IEEE接続でのフォーマット改善とかXP mode対応とか
ほかにもありましたが、私にとってうれしい内容は含まれていませんでした。
パフォーマンスが上がってくれるだけでいいんですけどね。

比較ソフトはCrystalDiskMark 3.0で100MBと1000MBを測定しました。
測定対象はJBOD(Vertex2 50GB)とRAID5(MK3265GSX 320GB x3)です。

■ Vertex 2 50GB x1
Vertex2 50GB CDM 100MB
CrystalDiskMark 3.0 100MB

シーケンシャルは少し伸びていますが、4K ランダムライトがダウンしてます。

Vertex2 50GB CDM 1000MB
CrystalDiskMark 3.0 1000MB

キャッシュが効かない状態では
4K QD32 ランダムリードがかなりアップしてます。
NCQの効率がよくなったのでしょうか。
4K ランダムライトもアップしてます。

■MK3265GSX 320GB x3
MK3265GSX x3 RAID5 CDM 100MB
CrystalDiskMark 3.0 100MB

リードは4K GD32以外アップしてます。
やっぱり4K ランダムライトはダウンしてます。

MK3265GSX x3 RAID5 CDM 1000MB
CrystalDiskMark 3.0 1000MB

全体的に誤差程度な気がします。

アップデートしてみて、キャッシュは4Kランダムライトが速度低下します。
よい面では、5でも4Kランダムリードが変わらなくなった点でしょうか。
それと4K GD32ランダムリードがアップするかなと思いきや
RAID5のキャッシュでは落ちてます。
何度か測定してみましたが、ばらつきが気になりました。

うーん、CDM3.0で測定したのが間違いだったのかな・・・
HD Tuneを使えばよかったかなと思いましたが、
キャッシュ速度も見たかったんですよね。
なんとも、ぱっとしないレビューとなってしまいました。

それにしてもVertex 2 はFW1.10にしてからライト遅くなりました。
HDDEraseすると復活するのかなあ。


コメントを残す