SuperMicro CSE-M14TBレビュー


CSE-M14TB
つい先日、CSE-M28E1Bを買ったばかりですが
MegaRAID 9260-8iと相性が悪いのか、
どうやっても転送速度が1.5Gbpsまでしか出ません。
せっかくのSSDがもったいないので、CSE-M14TBに買い換えてみました。
ケーブルはSFF-8087 to SFF-8484のAdaptec 2231700-Rを使いました。

後ろはこんな感じ
取り付ける前に周りをよく見てみました。
40x40mmファンはうるさいので外しちゃいます。

ジャンパでいろいろ設定
中をあけるとジャンパピンが見えます。
左上側の青いジャンパは外すとファンが止まります。
左下のジャンパを閉じるとファン停止時にアラームが鳴ります。
右下のジャンパはアラームの温度設定です。45~55℃の5℃刻みです。
CSE-M28E1Bと同じ仕様ですね。

SuperMicroはガタがないのでとても好きです。
でも、CSE-M28E1Bの相性は厳しすぎた・・・

さっそく接続してみると3Gbpsで動作しました。
6Gbpsのディスクは持っていないので確認はできてません。
C300 64GBが気になりまくりです。
Q3まで待って、Intelの新型SSDが出るまで我慢できるのでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。