The Elder Scrolls IV: Oblivion


日本語化

発売直後に買い、電子辞書まで買って
やる気まんまんで挑んだオフラインRPGですが
Diabloのごとく挫折していました。

ふと数日前にOblivionのWikiを見たところ
なんと! 日本語化パッチが出来ていたのです。

Oblivion 日本語化 Wiki

さっそくインストールしたところ日本語が表示されています!
基本的に会話やシナリオなどのみで、ほぼ機械翻訳のため
意味不明なことを言っていますがなんとなくわかるようになりました。

人名やアイテム名などはほぼ英語のままなので
不自然さもあまりなくいい感じです。

OblivionのおもしろいところはNPCの一人ひとりが基本の生活があり
NPC同士も会話をしていたりしてそれを聞いてイベントが発生! なんてこともあります。
そういう会話は字幕がないため聞き取るしかないので、そこが厳しいです。
オプションでGeneral Subtitles をONにしたら字幕が表示されました。

ほかにもMODを使うことによってデフォルトでは不自然なグラフィックなどを
改善したりシステムそのものを変更したり出来るところもおもしろいです。
シナリオをやり尽くしたとしてもMODでシナリオ追加なども出来るので
スルメのように噛んでも噛んでも味が出るゲームです。
ようやく楽しめるようになってよかった・・・


コメントを残す