XIM(Xbox360 Input Machine)を導入

Xbox360 Input Machine

先日、XFPS 3.0 Sniper Plusを買ったのですが満足のいかない結果になりました。ここまで手を出したからには後戻りはできないのでXIM(Xbox360 Input Machine)を導入しました。

これはツールキットを海外からかってPSのコントローラを半田で接続して作るものです。ググると詳しく説明されているところがあるので、作り方の説明は省略します。これをどうするかというとXbox360>XFPS>XIM>PCと接続してXbox360の電源を入れます。そしてPC側でツール(XIM)を立ち上げるとPCのキーボードとマウスでXbox360を操作できるようになるのです。

で、さっそく感想ですが・・・これはいい! マウス操作がXFPS直の操作感とは雲泥の差です! PCで操作しているかのようななめらかさです。微妙にマウスがもっさりしているような気がしますけどね。キーバインドもXIMを起動している時にCtrl+Enterを押すと設定ファイル(Default.xim)が開くので好きに設定ができます。キーは例がコメントアウトされているのでなんとなく設定できるので便利です。XFPSでは設定のできなかったマウスホイールも設定可能です。正直、XFPSとXIMはセットで買うべき物かもしれません。

話通り微妙に遅延がありますがそんなに気になりませんでした。スティックでもそうだったしPS接続は遅延が起きるのかな?

DualShock2基板乗っ取り その3

基板一覧

前回、失敗したDualShock2の基板乗っ取りですが
ボタンがすべてアナログなので難易度が高かったと思い
今回はDualShockの中古を買ってきました。
なので”その3”というのもおかしな話です。

配線してみた

幸運なことにスルーホールだったので非常に配線しやすかったです。
結局GNDは12本接続しないといけないので別基板に配線し直しています。
それとアナログスティックはただ単にショートさせるだけでは駄目なようで
外すと動かなくなります。仕方がないので取り付けたままにしました。

絶縁するためエアパッキンでくるむ

テスターで何度も動作検証してようやく完成です。
エアパッキンで基板をくるんで絶縁しておきました。

なんだかんだでこういうの作るのが面白いだけで
ゲーム自体あんまりやんなかったりするんだよなぁ。

関連記事:Fighting Stick 3 OBSN-30に交換

DualShock2基板乗っ取り その2

さて・・・

基板乗っ取り失敗しました^^;;;;;
リード線をはんだしたところまではよかったのですが
リード線の重みでパターンがはがれてしまったのです。
うーん、やっぱスルーホールじゃないと難しい。
こういう場合はどうするのがいいんだろうなぁ。
仕方がないのでICに直接リード線を接続してみましたがうまく動きません。

・・・まぁ、いろいろやったのですが駄目だったのです。
乗っ取りやすいコントローラ探すしかないかな・・・

DualShock2基板乗っ取り

前まで使えていたFighing Stick 3がOSを入れ直してからPCで使えなくなった。
デバイスとしては認識しているがボタンを押しても反応がない。
いろいろ試したがどうやっても動かないので基板を入れ替えることした。
いままではUSB接続だったが今回はDualShock2の基板乗っ取りをすることによって
PCでもPS2でもジョイスティックが使えるようにしたい。

DualShock2をバラバラにした

早速ばらしてみるとボタンはフレキシブル基板を使っていた。
これではケーブルを半田付けが出来ないのでフレキから伸びている基板に注目。

基板に注目

右上がフレキシブル基板と接続されている端子だ。

調べてみたところ上下の左から4番目が各ボタンのGNDのようだ。
黄色で囲んだところはスタート、セレクト、アナログスイッチで別のGNDを使っている。

GNDから12本もケーブルを接続しないといけないので
別の基板を使い中継しようと思う。

続きは後ほど・・・

Fighting Stick 3 OBSN-30に交換

FS3の改造もこれで終わりです。ボタンをOBSN-30に変えてみました。ネジ式を選んだのはしっかり固定したかったためです。


まず、ボタンをはめるためにボタン穴の出っ張りを綺麗に削ります。今回はハンドニプラーで大まかに切り取ってから丸金ヤスリでガリガリと削りました。


見た目ギリギリですが、なにも加工することなく取り付けられました。


思わぬ落とし穴がありましてネジの部分が当たって天板が閉まりません。そのため当たる部分を切り取ります。ニッパーで無理矢理削ってもいいかもしれませんが、割れることを考えてピンバイスで穴を開けて確実に切り取りました。なんだかミニ四駆の軽量化を思い出すなぁ。


当たるところを大まかに削り取ったところです。


裏側です。結構肉厚なところがあるので穴を開けてから切り取るのは効果的でした。


とりあえずすべて取り付けて配線したところです。メンテ性を考えてファストン端子を使ったところまっすぐだと10mm底上げしても足りないためボタン側の端子を広げています。


次に底上げした隙間を埋めるために10mm厚のスポンジ(両面テープ付き)を買ってきました。それを10mm幅に切って取り付けています。今回は普通のカッターで切りましたが非常に難しいです。出来れば丸刃カッターを使うか店に頼んだほうが良さそうです。


底板を取り付けたところです。見た目がよくなりました。


これで完成です! 正直な感想としてよっぽどのことがない限りボタンはハメ込み式を選んだ方がよさそうです。天板を閉めるために削る作業は非常に苦労しました。満足度はすごいあるので試す価値はあります。

操作感としては何も言うこともないです! 最高です!
やっぱり天板に何か印刷したいのですがプリンタ持ってないんだよなぁ

関連記事:
Fighing Stick 3スティック交換 LS-32
Fihgting Stick 3その2

Fihgting Stick 3その2

ハンズから買ってきた0.5mmのクリアプラ版
天板がペタペタするのでハンズからクリアプラ版0.5mm0.2mmを買ってみました。105円と安価です。

小一時間かけて切りました
天板をとりはずしてプラ版の上へ固定してデザインカッターで簡単にけがいてから、天板を外し小一時間かけて切りました。ボタン位置がずれているとプラ版が歪むのでボタンを付けるときは調整をしながら取り付けます。

スティックが天板に映っているぅううう!!!
さぁ、見えるでしょうか。スティックが天板に映っています! ちょっとゲームをやってみるとすばらしい感触!! ゲーセンへ行ったような気分です! ちょっと難なのがネジ止め部がどうしてもプラ版が歪んでしまうところです。下手に穴を開けすぎると固定できないし切れ目を大きめにするとそこから切れてしまうからです。まぁ、100円で作れるものとしては最高の物です。

関連記事:
Fighting Stick 3スティック交換 LS-32
Fighting Stick 3 OBSN-30に交換

Fighting Stick 3スティック交換 LS-32

改めてFighting Stick 3のスティック(LS-32)交換のレポートをしようと思います。せっかくだからボタンも交換したいところですが、現状STGしかやらないので不満が出てきてからにします。

天板のシールをはがす
まず、天板のシールをバリバリとはがします。これで天板を外すためのねじ山が見えてきます。

裏蓋を外す
裏蓋を外すとボタンと直付けされた基板が見えます。スティックの配線も半田付けされていますので今回は今後のメンテ性を考えてファストン端子を使うことにしました。

基板を外した
半田吸い取り器で基板を外しました。

左LS-32、右LS-56
左がLS-32、右がLS-56です。LS-56は小型化されているということでもしかしたら上げ底しないでも交換できるかなと思い一緒に買ってみました。しかし残念なことに軸の長さはほぼ同じでややLS-56の方が長いようです。本体そのものは小型化されているんですけどね・・・

ねじ穴を切り取る
次にスティック側の出っ張りをペンチで切り取ります。これでLS-32がぴったりはまるようになります。

LS-32をネジ止め
ピンバイスで穴を開け、カッターで削り平ネジが平らになるようにします。根気よく平ネジを合わせながら削っていくのですが結構削らないといけないので、これが一番苦労しました。

リード線で接続
メンテナンス性を考えてボタンと基板の直付けはやめてリード線でつなぎました。

エアパッキンで絶縁
スティック側のケーブルはファストン端子を使ったのもあり、ケーブルが足りなくなったので延長しました。エアパッキンで絶縁をして底上げするためにねじ穴にM4x10のスペーサーをくっつけています。

隙間から見えるスティック
FS3でもやっぱり上げ底しないとダメでした。あと10mm高さがあればなぁ。

とりあえず完成
とりあえず完成! 天板には光沢ラベルをそのまま貼りました。ちょっと素っ気ないですが試し貼りなのでそのうち何か印刷したものに貼り替えます。

さて、使い心地ですがかなりいいです! HORI純正の遊びが多いスティックと違いちょっと倒すと反応してくれます。使い始めかちょっと固い気もしますがそのうちなじむでしょう。ちょっと気になったのは天板の感触です。汗かきなのかペタペタします。いくら光沢紙といっても紙なので水分には弱いのでしょう。上にフィルムを貼るかなにかする必要がありそうです。

参考リンク:
斑鳩スティック制作レポ
家庭用アーケードスティックスレまとめWiki

関連記事:
Fighgting Stick 3その2
Fighting Stick 3 OBSN-30に交換

スティックを買った

Fighting Stick 3

東方にはまってしまいスティックを買ってきました。
いろいろ悩んだのですがそんなにやり込まないだろうと言うことと
あまり大きくない物がいいと思いFighting Stick3にしました。
Real Arcade Pro3も気にはなっていたのですがでかいので・・・

で、さっそくPCに接続するとPOVは認識しますが
東方紅魔郷ではスティックを認識しません。
JoyToKeyを使うことで操作できました。

・・・操作感は想像以上にダメでした。
なんかスティックの遊びが大きすぎるのです。
ボタンのタッチももっさりしていますが
そんなに連打等はしないので問題はないです。

天板むき出し

基板直付け

あまりにも我慢が出来なかったのでバラしました。
そう、スティックを交換することにしました。
天板を外すには表面のシールを履がしてボタンを取る必要があります。
裏を見るとボタンと基板ははんだ直付けになっています。
そのため半田を取り基板を外さないと天板を取ることが出来ません。
非常に面倒です。天板が外せないと新しいスティックを取り付けられません。

ついでにボタン交換もしたいですが業務用ボタンは
奥行きがあるため基板が収まらなくなりそうです。
うーん、悩むなぁ。

最速クリア

スーパーマリオの最速クリアは見たことがあったのですが
マリオ64の最速は初めて見ました!
もうね、壁すり抜けとか計算し尽くされたルートとか
神がかっています!!! あり得ない動き!!!

初め見るとき、20分かよーと思ったのに
釘付けです! 目が離せない!
マリオに惚れちゃいそうです。

http://www.nicovideo.jp/watch?v=ut82TSWzOsPYc