MovableTypeからWordPressに移行

そろそろMovableType4が出ますが
どうも再構築がすごい時間がかかることや
書き込みが遅いことなどいろいろ不満点がありました。

そこで、いまや主流のWordPressに移行しました。
導入は恐ろしいほど簡単でした。5分で導入できるというのは本当です。
すでにSQLを導入していた場合の話ですけどね。

一番苦労したのが以前のブログからのリダイレクトです。
MTと同じパーマリンクが使える方法などありましたが
今回は昔のURLに戻すためリダイレクトが必須だったのです。
自分にあったリダイレクトリストの作成方法は見つけられなかったので
仕方がないので手動でちまちまと書き込んでいったのですが
うまくリダイレクトしてくれません。

数時間悩んだ結果、リダイレクトリストは
階層の深い順に書いていかないとダメだと言うことが分かりました。
それとURLにIDを使った”#”が含まれたものも使ってたのもあります。
これはブラウザ側で反応するやつなので正常に動かないは当然でした。

ようやく導入が終わりちょっといじってみたのですが
実に快適です! 再構築はなく書き込みは比較的早いです。
これは移行してよかった。
まだテンプレートなどに満足いっていないので
いろいろいじってみようと思います。

Google Coop

Apache+fastcgiを導入してからなのか
MovableType3.35にアップデートしてからなのか
高速検索のFast Searchが使えなくなりました。

そこでGoogle Coopというものに変えてみました。
検索エンジンはGoogleそのものです。
けっこう検索も速いのでいい感じです。

そうそうfastcgiですが微妙に早くなった 気 が し ま す。

MovableType3.31-ja

先週、MovableTypeを3.2から3.31にアップデートしてみました。
するとどうでしょう!
日本語のログがすべて文字化けしているのです。

必死で調べて、いまいちよくわかっていないのですが
MySQLとPHPの設定が悪かったようです。
文字コードはUTF-8に統一してMySQLも同様に設定してましたが
PHP接続してDBにアクセスするとLatin1と表示されていました。
つまりPHP上ではLatin1で処理されていたようです。
そのためブログ上では問題が起きていなかったのですが
DBには破壊された文字が保存されていたのです。

3.3xからは3.2のような処理が出来なくなったのか
3.2で利用されていた破壊された文字は同バージョンでしか
使えなかったのかはわかりません。
どっちにせよ、破損した文字列は復元できないようでした。

最後の手はDBを新しく作成してMT3.2からのデータをインポートしました。
DBにはテンプレートも含まれていたので、初期化されちゃいました。
これを機会にテンプレートを最初から作ろうかな・・・

過去ログ

コメントとトラックバックの移行方法が分かりました。
いったんMovableTypeのログを書き出して
手動でコメントとトラックバックを書き込んでいきます・・・

・・・数時間後、気が狂いそうです!!
肩は痛いわ、目はしょぼしょぼしてきます。
それでもがんばって、なんとか手動インポートは終わりました。
ログはすべてで8800行を超えてます。
手動だけに微妙に間違いがあるかもしれないですが
たぶん、大丈夫でしょう!

これで、ようやく書きたいことが書けるよ。