カードリーダ速度比較


各カードリーダとmicroSD
新しくmicroSD用カードリーダを買ってきたので
速度比較をしてみました。
比較対象は左からこちらになります。

Sandisk SDカードアダプタ
グリーンハウス GH-CRMR1-SKA
バッファロー BSCRMSDCBK (今回購入したの)

使用メディア:Sandisk microSDHC 4GB Class 2
測定アプリ:CrystalDiskMark 2.2

差し込み口からmicroSDを入れる height=
今回買ってきたバッファローのヤツはUSBの差し込み口から
microSDを入れます。これは新しい発想ですね。

左からSDカード、GH-CRMR1-SKA、BSCRMSDCBK
左からSDカード、GH-CRMR1-SKA、BSCRMSDCBKになります。
ダントツ、バッファローが一番速かったです。
差し込み口もUSB基準なので挿しやすくとてもいいですね。
グリーンハウスも薄くて持ち運びはとてもいいのですが
一枚板で挿し込むため、微妙に斜めになったりして
認識が甘いことが難点でした。

PCMCIA > USB2.0カード
さらにPCMCIA > USB2.0カードを使って比較してみましょう。
一番速かったバッファローで測定しています。

はみ出ず綺麗に入る
はみ出ず綺麗に収まります。
USBの数が少なかったり、USB1.1だったりする
古いノートに良さそうだったので手に入れてきました。

あんまり速くないなぁ
右がUSB、左がPCMCIAです。
うーん、予想通りですが速度が落ちてますね。
USB1.1の理論値12Mbps=1.5MB/s
IEEE802.11gの理論値54Mbps=8MB/s
と考えるとそれなりに使えそうです。

やっぱ、USBよりeSATAだよね! ということで
次回はPCMCIA > eSATAカードの速度比較をしてみようと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。