Radeon HD5870とHD4870X2の比較


Radeon HD5870
HD5870とRadeon HD4870X2を簡単に比較してみました。

HD4870X2とHD5870の比較

HD4870X2とHD5870の基板比較
まず、大きさを比較してみました。
リテールファンを付けたままだとHD5870が1cmほど大きいです。
ファンを外して基板比較してみると同じ大きさの27cmでした。
もうちょっとファンを工夫して欲しいところです。

本体長 基板長
HD4870X2 27cm 27cm
28cm 27cm

HD4870X2の消費電力
次はHD4870X2の消費電力です。
左がアイドル時(500MHz)
右がベンチマーク測定時(750MHz)です。

HD5870の消費電力
HD5870の消費電力です。
左がアイドル時(150MHz)
真ん中がOverdrive中(500MHz)
右がベンチマーク測定時(850MHz)です。

アイドル Overdrive 負荷時
HD4870X2 236W - 452W
HD5870 165W 181W 305W

予想以上に消費電力が下がりました。
アイドル時は70W弱、負荷時はなんと150W弱も差が出ました!
これで電気代を気にせずデスクトップが使えます!
以前まではデスクトップでゲームをすると電子レンジ並みなのです。
プラズマテレビでゲームするのと変わりませんね。

Overdriveの設定

少し気になったのはATI Ovardriveを有効にしていると
起動時はGPUクロックが150MHzでしたが
ベンチマークなど測定していたら500MHzに固定されているのです。
GPUもなぜか21%使用しているようです。
GPUのプロセスは見れないのでなにが動いているのか分からないです。
ATI Ovardriveを無効にすれば150MHzになりますが気になります。

あとせっかくなのでベンチマークを測定しました。
使用したのはUnigine Tropics Demo v1.2です。
このベンチマークはCPUに依存しないと最近注目されているものです。
設定は次の通り

OS : Windows 7 (build 7100) 32bit
CPU : AMD Phenom II X4 955 3.2GHz

API: DirectX9
Resolution: 1920×1080
Mode: fullscreen
Anti-aliasing: 8x
Shaders: high
Anisotropy: 16
Reflection: on
Ambient occlusion: on

FPS Scores
HD4870X2 71.7 1807
HD5870 64.9 1634

一つだけのベンチマークでは確かなことは言えませんが
一応、HD4870X2の方がパフォーマンスがいいようです。
他にも測定してみた方がいいかもしれません。
なお、DirectX 10で測定しようとすると真っ暗で測定できないんですよね。


“Radeon HD5870とHD4870X2の比較” への2件の返信

  1. HD5870は内部でデュアルコアのようなものなのでCrossFireみたいなんもんじゃないですか!
    まぁ、挿すスペースがないとか懐が寂しいとかいろいろあるのですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。