「ジュラシックワールド」をみてきた


ジュラシックワールド
ちょっとまえに「ジュラシックワールド」を観てきました。

今作はジュラシックパークの第4作目となります。前作まであんまり昔だったので、あれ? これって3作目だっけ? とか忘れてしまうほどでした。さて、ストーリーはジュラシックパークが出来て10年以上経った時代で同じ場所に「ジュラシックワールド」を運営しているという話です。

王道的な展開ですがハラハラドキドキで本当に面白かったです! なにより一番ビックリしたのが、クレアおばさんがヒールを履いたままジャングルを歩き回って最後までそのままだったことです。ご都合主義を超えて狙ってやってるだろ!?

ジャングル探索をする前に、オーウェンが「そんな恰好でジャングルへ行くのか?」との問いに、クレアは腕まくりだけして「もう準備OKよ!」と一言。オーウェンはため息をついたぐらいでそのままです。おいおい、ヒールを突っ込まないのかと思ったのですがまさか最後まではいているとは

映画を見終わった後
「まさか、渡辺謙があっという間に死ぬとは思わなかったよ」
「え? 渡辺謙なんて出てこなかったよ」
「なに言ってんの、最初の捕獲のシーンで最初に殺されたヤツだよ」
「ああ、なんかアジア人みたいな人?」
「あれが渡辺謙でしょ」
「ちがうよー」
「いやいや渡辺謙だよ。調べてみる」
……
「あれ? 渡辺謙でてねぇ!?」

あれ誰だったの?


コメントを残す