Fighting Stick 3 OBSN-30に交換

Pocket

FS3の改造もこれで終わりです。ボタンをOBSN-30に変えてみました。ネジ式を選んだのはしっかり固定したかったためです。


まず、ボタンをはめるためにボタン穴の出っ張りを綺麗に削ります。今回はハンドニプラーで大まかに切り取ってから丸金ヤスリでガリガリと削りました。


見た目ギリギリですが、なにも加工することなく取り付けられました。


思わぬ落とし穴がありましてネジの部分が当たって天板が閉まりません。そのため当たる部分を切り取ります。ニッパーで無理矢理削ってもいいかもしれませんが、割れることを考えてピンバイスで穴を開けて確実に切り取りました。なんだかミニ四駆の軽量化を思い出すなぁ。


当たるところを大まかに削り取ったところです。


裏側です。結構肉厚なところがあるので穴を開けてから切り取るのは効果的でした。


とりあえずすべて取り付けて配線したところです。メンテ性を考えてファストン端子を使ったところまっすぐだと10mm底上げしても足りないためボタン側の端子を広げています。


次に底上げした隙間を埋めるために10mm厚のスポンジ(両面テープ付き)を買ってきました。それを10mm幅に切って取り付けています。今回は普通のカッターで切りましたが非常に難しいです。出来れば丸刃カッターを使うか店に頼んだほうが良さそうです。


底板を取り付けたところです。見た目がよくなりました。


これで完成です! 正直な感想としてよっぽどのことがない限りボタンはハメ込み式を選んだ方がよさそうです。天板を閉めるために削る作業は非常に苦労しました。満足度はすごいあるので試す価値はあります。

操作感としては何も言うこともないです! 最高です!
やっぱり天板に何か印刷したいのですがプリンタ持ってないんだよなぁ

関連記事:
Fighing Stick 3スティック交換 LS-32
Fihgting Stick 3その2

Pocket

One Reply to “Fighting Stick 3 OBSN-30に交換”

コメントを残す