VID-487X2から水漏れ

実は今回の水漏れはポンプだけでなく、グラフィックカードからも水漏れしてました。
運がよくパーツは濡れなかったのですが、焦りました。
フィッティングが緩んでるのかなと思いプライヤで締め付けたら
どんどんグラグラになっていくじゃないですか!
買ったばかりの水枕(VID-487X2)が壊れた!?
とりあえず分解してみました。

VID-487X2を分解
分解してみたところ内部のネジが緩んでいただけでした。

内部のネジがゆるんでた
ネジ山が二山ほどしかない小さな部品です。

数年前に水漏れしたのはフィッティングが緩んでいたのが原因でした。
今回はフィッティングを必要以上に締めすぎたために起きた水漏れです。
ということで、適正な力で締め付けるのが重要と思い
さらに安全性を高めるためにシール剤を買ってみました。

シール剤 ロックタイト575
このロックタイト575は嫌気性接着剤というネジなどを締めて
空気が遮断されると硬化する液体です。

塗ってみたところ
実際に塗ってみたところ、かなり水っぽいです。
そのあと、しっかりと締めましたが固まったかどうかまでは確認してません。
今度からフィッティングにこれを軽く塗っておけば水漏れはしにくいでしょう。

RadeonHD4870X2水冷化 - Koolance VID-487X2 -

数日前にRadeon HD4870X2の水枕、Koolance VID-487X2が届いていたのですが
時間がとれなくて取り付け作業が今日になってしまいました。
3時間の苦労の末、ファンの音と温度による不安から解放されます。

VID-487X2

“RadeonHD4870X2水冷化 - Koolance VID-487X2 -” の続きを読む

Radeon HD4870X2 CFX?

HD3870が余ったのでCross Fire Xになるのか試しにやってみました。
構成はHD4870X2 *1、HD3870 *2です。


オリジナルサイズ2560×1920


オリジナルサイズ2560×1920

一番下の段はそのままでは刺さらなかったので
ブラケットを外して取り付けました。
で、結果ですが・・・

Cross Fire Xの項目がない

Cross Fire Xの項目が出てきませんでした!
デバイスとしては認識しているようですが駄目のようです。
やっぱり、世代が違うと駄目なのかなー