VMFS-5をUbuntuで読み取ってみた


ESXi 5.1環境にてiSCSIがマウントができない!
原因はおそらくiSCSIの破損かと思われます。
WindowsではiSCSIをマウントできますがファイルシステムが
VMFS-5なので読めない! どうしよう!
ということで抽出方法をメモしようかと思います。

抽出方法としてvmfs-toolsを用います。
ソースは下記から手に入れます。

http://glandium.org/projects/vmfs-tools/

DebianかUbuntuでしか動作しないようなので
今回はUbuntu 14.04を用いました。
インストールはすべてデフォルトで行ってます。

必要パッケージを入れてvmfs-toolsを導入します。

# apt install uuid-dev
# apt install libfuse-dev
# apt install asciidoc
vmfs-tools-0.2.5.tar.gzをアップロード
# tar -zxvf vmfs-tools-0.2.5.tar.gz
# cd vmfs-tools-0.2.5
# make
# make install

次にiSCSIをマウントします。

# apt install open-iscsi lsscsi

iqnを確認
# iscsiadm -m discovery -t sendtargets -p <iSCSIのIPアドレス>

iscsi接続
# iscsiadm -m node -T <ターゲットIQN> -p <iSCSIのIPアドレス> --login

iscsi切断
# iscsiadm -m node -T <ターゲットIQN> -p <iSCSIのIPアドレス> --logout

iscsiマウント確認
# iscsiadm -m session
# lsscsi

lsscsiでiSCSIが/dev/sdbだった場合、下記コマンドでマウント。

# vmfs-fuse /dev/sdb1 /mnt/iscsi

これでVMFS-5の中身を取り出すことができます。
なお、マウントしたVMFSは読み取り専用なので
VMFSどおしでコピーは行えませんでした。残念。

Windows版 VMFS toolsもありましたが、
VMFS-3までの対応のようで使えませんでした。

あとで気付いたのですが、下記コマンドで入れた場合
動作するのかな?

# apt install vmfs-tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。