ESXCLIコマンドでVMware ESXiのアップデート

Pocket

以前もVMware ESXiのアップデートの記事を書きましたが
確実性を上げた手順がありましたのでこちらもメモしておきます。

1. パッチを入手
VMware Download Patchs

2.パッチのアップロード
ダウンロードしたZIPファイルを
vSphereのデータストアブラウザからアップロード

今回は /vmfs/volumes/datastore1/updates にアップロード

3.vSphere ESXiのインスタンスOSすべて落とす

4. メンテナンスモードへ変更

5. SSHでvSphere ESXiにログイン
パスワードはチャレンジレスポンスで行います。

ここまではいままでと同じ

6. コマンドでアップデート

バージョン確認
# esxcli system version get

プロファイル確認
# esxcli software profile get

パッチのプロファイルを確認
# esxcli software sources profile list \
-d /vmfs/volumes/datastore1/updates/ESXi550-201404001.zip

Name Vendor Acceptance Level
------------------------------- ------------ ----------------
ESXi-5.5.0-20140404001-no-tools , Inc. PartnerSupported
ESXi-5.5.0-20140404001-standard VMware, Inc. PartnerSupported

今回はstandardを使用する

動作検証
# esxcli software profile update --dry-run \
-d /vmfs/volumes/datastore1/updates/ESXi550-201404001.zip \
-p ESXi-5.5.0-20140404001-standard

パッチ適応
# esxcli software profile update \
-d /vmfs/volumes/datastore1/updates/ESXi550-201404001.zip \
-p ESXi-5.5.0-20140404001-standard

7. VMware ESXiを再起動

8. メンテナンスモードの終了

この方法だとパッチ適応する前にチェックが出来るので
安全性が高いです。ベンダー専用パッチを当てるときは
たまにエラーが出ることがあるのでこちらの方法をおすすめします。

2016/9/30 更新
パッチ適用時は「update」でいいですが、オフラインバンドルを適用する場合は「install」を選びます。
ベンダーによって違う可能性もあるので各ベンダー提供のマニュアルを確認するのが間違いないです。

Pocket

コメントを残す