ドメインコントローラのIPアドレスとホスト名を変更してみた

Pocket

Windows Server 2012R2
ドメインコントローラサーバを交換するとき
以前と同じIPアドレスとホスト名にしたい場合があります。

比較的簡単に行う方法が分かりましたのでメモとして残します。
なお、検証はWindows Server 2012 R2で行っています。

例として以下のDC構成とします。
DC1 : IP 192.168.1.1(移行対象)
DC2 : IP 192.168.1.2
Domain: test.local

新サーバ DC3をDCに追加します。
DC3 : IP 192.168.1.3

FSMOをDC3へ
DC1をDC降格
※降格するまえにDC1のDNSにDC1が含まれていたら消します。
DC1をドメインから削除
DC1をシャットダウン

このような構成になります。
DC3 : IP 192.168.1.3
DC2 : IP 192.168.1.2

ここからDC3をDC1へ変えていくわけです。

IPアドレスの変更はTechnetに掲載されてました。
普通にUIで設定してますが、ここではコマンドでやります。

IPアドレスの変更
> netsh interface ip set address “イーサネット” static 192.168.1.1 255.255.255.0 192.168.1.254
DNSの設定
> netsh interface ip set dns “イーサネット” static 192.168.1.10 primary no
> netsh interface ip add dns “イーサネット” 192.168.1.11 index=2 no

次にホスト名を変更する前にDC1が残っていないか確認します。
「Active Directory ユーザーとコンピューター」を見て
DC1が残っていたら削除します。

ここからコマンドでホスト名を変えていきます。

コンピュータ名の確認
> netdom computername %computername% /enum

DC3.test.local

コンピュータの代替名を追加
> netdom computername %computername% /add:DC1.test.local

コンピュータ名の確認
> netdom computername %computername% /enum

DC3.test.local
DC1.test.local

コンピュータ名の優先順の変更
> netdom computername %computername% /makeprimary:DC1.test.local

コンピュータの再起動
> shutdown -r -t 0

旧コンピュータ名の削除
> netdom computername %computername% /remove:DC3.test.local

この手順を行えば、ドメインから外してホスト名を変えて
もう一度ドメインに参加するという面倒さがなくなります。

変更が反映されたか「Active Directory サイトとサービス」を
確認しておわりです。
DNSも確認しておいた方がいいでしょう。

Pocket

“ドメインコントローラのIPアドレスとホスト名を変更してみた” への5件の返信

  1. はじめまして。
    DCの名前変更やIDアドレス変更について検証を行っております。

    本記事をひと通り拝見させていただきましたが、変更後にADの機能確認を実施されておりますでしょうか?

    FSMOをDC3へ転送された後に、DC3のコンピュータ名を変更されていますが、この場合、名前付けマスタを保持しているDCのコンピュータ名を変更してしまうことになり、Active Directoryのデータベースが壊れてしまう可能性が高いです。最悪の場合、AD自体にアクセスできなくなります。

    3台用意で行われておりますので、この場合はFSMOの役割はDC2に転送しなければいけないと思います。

  2. はじめまして。
    仮想環境で2回、物理で1回実施し問題ないと思っていました。
    確認内容は下記のものも実施していますが、ほかにも必要なものがありましたら確認してみたいです。

    ・イベントビューアのエラー確認。
    ・FSMOすべて新しいホスト名に反映されているか。
    ・クライアントのドメイン参加
    ・クライアントのGPO反映

    なにも起きなかったのは運が良かったのかな…

  3. どうも。

    大変失礼いたしました。
    前提環境がWindows Server 2012R2 の3台ということでしょうか。
    この場合であれば、おそらく新機能として追加されたActive Direcotry 自動修復機能が動作するため、内部で問題なく処理できると思われます。

    私がご報告させて頂いたのは、ドメインコントローラに2008R2以前のディストリビューションが含まれている場合の話です。
    環境のところを読み落としておりまして、お騒がせいたしました。

  4. なるほどそんな機能があるのですね。
    今回の記事はDCのまま、ホスト名とIPを変更することを焦点にしたかったので、すべて2012R2の環境にしました。
    ですが、動作検証はDC1、DC2は2003、DC3は2012R2という環境でも行っています。
    もしかして、FSMOをすべて2012R2に移動したからこそADが壊れなかったのかもしれません。

  5. すばらしい!
    私の場合は新規で設置したサーバーに適当につけたコンピューター名が気に入らなくて、変更しようにも普通にはできず困っていました。
    こちらの方法で何の支障も無く変更できました。最悪再セットアップでもと考えていたので大変助かりました。

コメントを残す